家で過ごす時に、子どもに「ママ見てて」とか「ママこっちに来て」と、いつも自分を求められて困っているママはいませんか?

かわいい反面、自分のことが何もできなくて、「ちょっとは一人で遊んでくれないかな」とため息も。

一人でも平気で遊べる子と何が違うのでしょうか?

今回は『モンテソ―リ教育で伸びる子を育てる』の著者で、日本欧米いいとこどり育児を提唱している平川裕貴が、子どもが一人で遊べるようにする方法をお話しします。

なぜ一人で遊べない?

そもそも子どもがなぜ一人で遊べないのか、その理由を考えてみましょう。

・もともと甘えたや怖がりの性格である

・一人でいる時に何か怖いことがあって、一人だと不安を感じる

・赤ちゃんの時から、ママがいつもそばにいて、泣けばすぐ抱き上げてあやしていた

・妹や弟ができて、やきもちからママを独占したい

・一人で何をしていいかわからない

・一人で遊べるようなおもちゃがない

もともとの性格もあるかもしれませんし、一人でいるのが不安になるような何かがあったのかもしれません。

また、ママを独占することで愛情を確かめてみたり、赤ちゃんの頃からの接し方も影響しているかもしれません。

何にしても、幼稚園や小学生になってもママがそばにいないとダメという状況は、ママが困るだけでなく、子どもにとっても決して好ましい状態とは言えません。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます