GENERATIONS、来年の飛躍を誓う 数原龍友「単独ワールドツアーが大きな経験となった」

2015.12.26 14:23配信
(左から)小森隼、数原龍友、中務裕太、片寄涼太、佐野玲於

 GENERATIONS from EXILE TRIBEが26日、2冊目となるフォトブック『Photograph of Dreamers』の発売記念イベントを行った、

 本書では、今年4月にスタートした「GENERATIONS WORLD TOUR 2015 “GENERATION EX”」のロンドン・香港公演に密着。さらに東京での撮りおろし写真も収録されており、片寄涼太は「盛りだくさんな内容になっています」と笑顔でアピールした。

 お気に入りの写真を問われると、ワールドツアー中に二十歳の誕生日を迎えた小森隼は「ちょうどロンドンにいた時、誕生日ケーキが出てきてうれしかった」とメンバーから祝福された際のショットを紹介。佐野玲於は「このページのセクシーショットです」と関口メンディーのアップを挙げ、笑いを誘った。

 数原龍友は「今年初めて単独でツアーをさせてもらったことが自分たちにとっては大きな経験となった。世界も回らせていただいて、記念すべき1年になった」としみじみ語った。

 大みそかに行われる「紅白歌合戦」には、兄貴分のEXILEらの出演が決定しており、“乱入”の予定を問われた片寄は「ちょっとまだ分からないけど、先輩方と一緒にステージに立てたら」と答えた。

 また、来年二十歳になる佐野は「来年は節目の年。GENERATIONSの中での一つの“核”のような存在になれたら。芝居とも両立していきたい」と抱負を語った。

 数原は「来年のアリーナツアーは僕らにとって貴重な経験となる。ボーカリストとしても本質が試される年になると思うので、今まで以上に気合を入れたい」と語り、中務裕太も「そこで“本物のアーティストとは何か”というものを自分たちで見付け、本物のアーティストとして僕らの思いをしっかりと歌で伝えていきたい」と言葉に力を込めた。

 なお、白濱亜嵐と関口は兼任するEXILEのツアーのため、この日は欠席した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング