TDLに「スター・ウォーズ」エリアができるかもしれない、これだけの理由【フォースの覚醒/ネタバレ有り】

2015.12.28 15:00

期待以上の大傑作となった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。ネタバレ有りのレビューを絡めつつ、東京ディズニーランドへの「スター・ウォーズ」エリア導入の可能性を探ります。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 ©2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

期待以上の大傑作となった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。

既存ファンだけでなく、今まで「スター・ウォーズ」に馴染まなかった人々も絶賛する、最高のエンターテイメントに仕上がっています。

一方、東京ディズニーランドでは、大規模再開発計画の見直しが発表されました。

『フォースの覚醒』のネタバレレビューを含めつつ、「スター・ウォーズ」エリア導入の可能性を探ります。

見直しになったTDL再開発計画

2015年12月22日、東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは、「今後の開発構想 検討期間延長のお知らせ」を出しました。

 

大規模リニューアル&開発構想の経緯

そもそも、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの大規模リニューアル&新規開発の、構想が発表されたのは、2014年10月30日のことです。

東京ディズニーランドのファンタジーランドを、現在のトゥモローランドの一角を含め、約2倍の広さで刷新。

東京ディズニーシーには、ロストリバーデルタ南側に、8つ目のテーマポートを開発。

さらに2015年4月28日付けのリリースでは、もう一歩踏み込み、テーマ方針の一部が「決定」された事実が、明らかになりました。

東京ディズニーランドの新ファンタジーランドは、一部をディズニー映画『美女と野獣』と『ふしぎの国のアリス』をテーマに。

東京ディズニーシーの第8テーマポートは、一部をディズニー映画『アナと雪の女王』の世界をテーマにし、全体のテーマは「北欧」に。

 

エリア詳細発表が、期限を切らずに延期に

これら方針を元にした、各エリアの詳細は、2015年中に発表される予定でした。

が、検討期間は、期限を区切らずに延長される結果になったのです。

当初は想定していなかった、大きな状況の変化があったのは、間違いありません。

 

恐らく大方針に変更はない

では、新ファンタジーランドや、アナ雪を含む北欧エリアが白紙となったのかというと、現時点では、その可能性は少ないと思われます。

株式会社オリエンタルランドのプレスリリースの文言は、常に、非常に精細です。

もし「決定」とリリースした大方針に変更があったのであれば、そのように受け取れる表記がされるはずですが、2015年12月22日付け「今後の開発構想 検討期間延長のお知らせ」で発表されたのは、大方針に基づく、「エリアの詳細の発表」の延期です。

日本経済新聞の報道でも、大方針に変更があったと推測させるような記述は、見当たりません。

TDLにまったく別の新アトラクションの可能性

可能性の一つとして考えられるのは、すでに公表されている、TDL『美女と野獣』『ふしぎの国のアリス』、TDS『アナと雪の女王』および北欧テーマ以外の、まったく新しい、大型アトラクション・新エリアの導入です。

東京ディズニーリゾートには、もはや、余らせている土地が、ほとんど存在しません。

何かしら刷新しようとすれば、稼働中のアトラクションや、施設を潰さなければならないわけですが、年間3000万人前後が訪れる東京ディズニーリゾートにとっては、キャパシティ確保の面で、大きな問題です。

特に、東京ディズニーランドは、空き地を開発する東京ディズニーシーとは違い、緻密な計画性が求められます。

もし、再開発で、新ファンタジーランドを作ろうとしているところに、まったく別の、さらなる新アトラクション設置を、ディズニー社から求められたとしたら。

※株式会社オリエンタルランドは、ディズニーパークの運営会社として世界で唯一、米ウォルト・ディズニー社から出資を受けていません。パークの運営は、ライセンス契約を結んだ株式会社オリエンタルランドが担当し、版権管理はディズニー社、という体制になっています

“一部を『美女と野獣』『ふしぎの国のアリス』をテーマとする、新ファンタジーランド” という大方針に変更がないとしても、キャパシティ低下を最小限に抑えるため、計画の大幅な見直しが必要となります。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント