嵐、今年は「和」「継」「会」「転」「宴」 櫻井翔「相葉雅紀が大人になりました」

2015.12.28 15:43配信

 嵐がドームツアー「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」の最終公演を27日、都内の東京ドームで行った。

 本ツアーは、10月リリースのオリジナルアルバム「Japonism」を引っ提げ、5大ドームで17公演、約80万人を動員。「原点回帰」をテーマに、デビュー17年目を迎えた嵐が「ジャニーズらしさ」「ジャニーズのエンターテインメント」、また「日本」を表現。嵐は本ツアーで単独コンサート総動員数1千万人を突破した。

 テーマの「日本」にちなみ、金びょうぶをバックにした会見に、メンバーは「ちょっと恥ずかしい」と照れつつ、金色をベースにメンバーカラーを取り入れ、布やひもできらびやかに飾られた“和洋折衷”の衣装を身にまとい華やかに登場。相葉雅紀は「衣装の色と(金びょうぶが)かぶっちゃったね」と笑わせた。

 ツアーのテーマについて、櫻井翔は「ジャニーズがお好きな方なら分かると思うんですが、日本っぽい演出が入ってくるのはある種ジャニーズの伝統芸。そこを膨らませていったコンサート」と解説した。

 今回はソロ曲のために各自でトレーニングを行い、パフォーマンス技術を習得。ドラムラインを披露する櫻井は「ソロでそれぞれの挑戦がある。今まで以上に時間を懸けて作ってきた」とコメント。「ティシュー」という、つるした布でのパフォーマンスを行う相葉は「練習は梅雨の時季から。最初は自分の体重を支える筋トレだけでした。重いと体が上がらないので、体脂肪率は測ってないけど多分1桁にはいきました」と明かした。

 マスクマジックを披露する大野智は「練習は3日」と笑わせつつ、「17歳ぐらいの時に出ていた舞台でやっていた。感覚は覚えてるもんですね」。二宮和也も「(練習は)3日ぐらい」と続け、タップダンスと自身の趣味でもあるゲームの世界をイメージさせる映像を融合させた独自の演出に笑顔を見せた。松本潤は「パルクール。アクロバットともちょっと違う、人間の身体能力を見せるというか。5~6カ月練習しました」と語った。

 今回も大野が自身のソロ曲を含め3曲の振り付けを担当。大野が「松潤と連絡を取り合って、動画を送ったりして作っていった。『どう?』って言ったら駄目だって言われたり」と言うと松本は「違うんですよ! すごいヘラヘラして踊ってるから『これ本チャン?』って確認したの」と反論。

 大野は「1人で踊って撮っているのが恥ずかしかったから」と笑わせつつも、曲のイメージを共有し、丁寧に作り上げたことを明かした。櫻井も「いつもそうですけど、メンバーなので感覚が分かるし覚えやすい。僕らが小さいころから踊ってきたジャニーズらしい振り付けを形にしてくれた」と感謝を述べた。

 コンサート演出は松本が中心となって構築しているが「激論は16年間ない。“信頼と安定の松本”ですから。全員で意見を出し合いながら進めてます」と櫻井が語るとほかの3人もうなずいた。

 最後はこの時季恒例となった「今年の漢字“一文字”」という質問に。松本は「『和』。今回のツアーのテーマと、いろいろな人が集まった『和』」。櫻井は「継承の『継』。個人的には戦争の取材にも行きましたし、ジャニーズの先輩後輩ともつながった」と今年を振り返った。

 二宮は「『会』。宮城のコンサートでもツアーでもたくさんの人に出会った年。個人のお仕事でもそうでした」。大野は「『転』。バック転を久々にすごいやった。原点回帰でした」。

 そして最後は相葉。これまで「一緒」などの珍回答で会場を沸かせてきたが「何年もやってますから! 今年は1文字でいきますよ!」と言い、「宴」と回答。「二文字の方が良かった?」と笑わせ「和のテイストもありつつ。みんなで集まってショーやライブができた」と自信満々に説明を。櫻井が「相葉雅紀が大人になりました」と言い、笑いのまま会見を締めくくった。

 嵐は本ツアーで単独コンサート総動員数1千万人を突破した。松本は「想像がつかない。それだけたくさんの方に見ていただけているということがうれしい」、櫻井は「ずっと満員というわけではなかった。たくさんの方に見ていただけてとても光栄です」と支え続けてくれたファンへあらためて感謝を語った。

 偉大な記録を打ち立てた嵐だが、とどまることなく新たな挑戦を続けていくことを宣言。松本は「来年は念願のアリーナでのライブを9年ぶりに行います。大きい会場でやらせてもらえるようになってから、会場に足を運んでいただく機会が増えていた。自分たちから皆さんのところに行ってエンターテインメントを作るっていうことも、やりたいことだったので」と満面の笑顔で報告。

 櫻井が「30歳を超えて2回公演にも挑戦します! 張り切ってやりたいと思います!」と言うと二宮も「はいっ!」と同意。「“世の30代に夢を!”ですよ」と気合を込めた。報道陣から大丈夫?と突っ込みを入れられると、大野は「やりながら考えましょ」といつものマイペースさで返答、会場が笑いに包まれた。

 松本は「最近のライブとは別で、ショーアップした内容でアリーナを回らせていただこうと今話し合っている」と明かし、「Japonismの内容もあると思います。Japonismというイズムは残します」とすでに新たなステージを見据えていた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング