©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

カリフォルニア ディズニーランド・リゾートに2019年5月31日、新エリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」がオープンしました。

『スター・ウォーズ』の世界が広がるディズニーランド史上最大規模のテーマランド。

そこで販売されている、スター・ウォーズファンならずとも楽しめるグッズをご紹介します。

宇宙の住人になって買えるお土産

©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」では、その広大なエリアの中に数多くのショップが並んでいます。

スター・ウォーズマニア向けのグッズもありますが、スター・ウォーズを知らない人でも欲しくなるようなグッズも並んでいます。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、映画シリーズには登場しない初登場の惑星「バトゥー」の貿易港「ブラック・スパイア・アウトポスト」が舞台とされています。

ファン以外でも楽しめるグッズは、その中のマーケットプレイスに集中しています。

お土産に良さそうなのは、Tシャツやキーホルダーなど、「ブラック・スパイア・アウトポスト」のロゴが描かれたグッズ。

単なる『スター・ウォーズ』シリーズのグッズというわけではなく、スター・ウォーズの世界の住人として、辺境の惑星に遊びに来たお土産として作られています。

ディズニーの設定へのこだわりの深さが垣間見えるグッズです。

可愛いクリーチャーたち

©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

そして「クリーチャー・ストール」では、宇宙の可愛いクリーチャー(小動物)のぬいぐるみを販売。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場したポーグなど著名なクリーチャーから、TVシリーズにしか登場しないクリーチャーまで、多くのクリーチャーが登場。

彼らのことを知らなくても、連れて帰りたくなってしまうような可愛い子たちです。

大きなぬいぐるみから、肩に乗せられるサイズまで多種多様なので、お気に入りの子を連れて帰ってあげましょう。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、カリフォルニア ディズニーランドではオープン済。

フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのディズニー・ハリウッド・スタジオでは2019年8月29日にオープン予定です。

フロリダでも同様のショップが展開される予定です。

取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます