加賀ハイテック、7インチの防塵・防水Androidタブレット「Meopad AQUA」

2012.4.16 15:37配信
Meopad AQUA

加賀ハイテックは、OSにAndroidを採用し、著作権保護機能のCPRMに対応したタブレット端末「Meopad(ミーオパッド)」の新製品として、防水・防塵・耐衝撃性能を備えた「Meopad AQUA」を、4月20日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万5800円前後の見込み。

2011年12月発売の「Meopad ADVANCE」をベースに、1GHzのCPU、静電容量式マルチタッチ対応の7インチワイドディスプレイ(解像度1024×600)、8GBのメモリを搭載。前面には130万画素、背面には500万画素のカメラを備える。また、オンボードGPS、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth2.1+EDR、3軸加速度センサ、コンパスとして使用できる3軸地磁気センサを搭載する。

IP54相当の防塵・防水性能と、耐衝撃性能を備え、アウトドアやキッチン、浴室など、使う場所を選ばない。別売のポータブルワンセグチューナー「MeoTune」と組み合わせれば、キッチンや浴室などでワンセグ放送を楽しむことができる。

また、ブルーレイディスク(BD)/HDDレコーダーなどが採用している著作権保護機能のCPRMに対応し、モバコンHQ形式の動画再生に対応する。なお、ブルーレイ/HDDレコーダーからSDカードに書き出した番組を再生する機能の追加を予定している。

紀伊國屋書店の電子書籍サービス「BookWebPlus」を無線LAN経由で利用できる電子書籍アプリ「Kinoppy」を搭載。また、専用ポータルサイト「TAXANライフ」では、製品やサポート情報をはじめ、各種アプリの提供を行う。Google Playには対応しておらず、アプリのダウンロードはソフトニックとの業務提携によって提供する。

搭載OSはAndroid 2.3で、バッテリ駆動時間は最大6時間、充電時間は約2.5時間。対応メディアはmicroSDHC/microSDカード。サイズは幅220.0×高さ16.8×奥行き131.8mmで、重さは580g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング