『フィフス・ウェイブ』が過去のSFと異なるポイント

2016.1.4 10:29配信
『フィフス・ウェイブ』会見の模様

クロエ・グレース・モレッツが主演を務めるSFミステリー『フィフス・ウェイブ』が4月に公開される。謎の知的生命体の攻撃によって壊滅的なダメージを受けた地球が舞台だが、監督のJ・ブレイクソンは先ごろ行われた会見で「この映画の登場人物は、ごく平凡な人間たちだ。これは選ばれし者の物語なんかじゃない」と強調する。

その他の画像

地球に“アザーズ”と呼ばれる謎の生命体が襲来。暗黒、崩壊、感染、侵略という4つの波によって壊滅状態に陥った人類は、人類滅亡をまねく“第5の波”を阻止するべく立ち向かう。ブレイクソン監督は「クロエやニック(・ロビンソン)が演じているキャラクターたちは、それぞれの人生を歩んでいる普通の人間だ。夢や希望を持って生きていた彼らが、突然、悲惨な目に遭う。そういうことが起きると、人間は必ず、自分にとって何が大切なのか、自分は何を守るために戦いたいのか、ということに気づくものだ」と言い、モレッツは「生きてゆく中で、何度も“ノー”と言われ、反対され、押し返されることもある。でもそれに立ち向かってゆく強い意志があれば、決してあきらめることも、引き下がることもない。それは、この映画で私が演じているキャラクターにも、私自身にも備わっているものだと思う」と語る。

また、侵略生命体もこれまでにない設定のようで監督は「この映画では、エイリアンは地球を使って人類を攻撃しているんだ。ただ単に空からレーザー光線を当てて爆破するんじゃなくて、いってみれば人間の弱点を利用している」と説明する。「エイリアンが来なくても世界でもともと起きている災害、僕らが既によく知っている災害。それらを巨大化して、人類を攻撃してくるんだ。そういう映画は今まで見たことがないよ。だからエイリアンは、地球に侵略してくるだけじゃなくて、キャラクターのストーリーの中にも侵略してくる。というわけで、他のエイリアン映画に比べて、よりパーソナルな視点に立っている作品だと思う」

そんな危機的状況の中で、モレッツ演じる平凡な女性キャシーは必死に生き延び、戦い、世界を救おうとする。「こういう映画がようやく作られるようになったのは、この業界で女性がようやく自分たちの声をあげることができるようになったからだと思う」と語るモレッツは「私には4人の兄がいて、いつだって家族の中の“女の子”だった。だから子どもの頃から、“女の子”というステレオタイプと闘ってきたの。今ようやく、女性たちがそういう面を見せられるようになってきたんだと思うわ」と述べた。

『フィフス・ウェイブ』
2016年4月23日(土) 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング