【節約】FPが解説! スマホで管理できる簡単“ムダづかい”激減テク

ムダづかいが減らせないとお悩みの方に向けて、 ムダづかいを減らす方法を紹介していきます。ここではファイナンシャル・プランナーの筆者がススめる「欲しいものリスト」からお伝えしていきます。

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_m

ムダづかいが減らせないとお悩みのあなた、まずは「金額の高いムダづかい」をゼロにするところからスタートしてみましょう。ファイナンシャル・プランナーの筆者がススめる「欲しいものリスト」を作れば、2016年のムダづかいは一気に減らせるかもしれませんよ。

2015年はムダづかいばかりだったと反省している人へ

分かっているけどなかなか減らないものといえば体重とムダづかいです。そして、体重もムダづかいも減らすことができれば人生の選択肢が少し広がる、という点でどこか似ています。

体重が少し減れば着ることのできる服も増えますし、社交性も少しアップするかもしれません。

ムダづかいが少し減らせればその分お金が貯まる理屈ですし、お金があれば人生の余裕が生まれ、できることがぐんと広がります。

どちらも成功すれば自分に自信がつく、という点でも共通しています。

ちょっと前に家計簿をつけたらムダづかいが減って、ひいてはダイエットにも効くかも、という話をしましたが、今回は「欲しいものリスト」でムダづかいを減らすテクニックを紹介したいと思います。

2015年にムダづかいしすぎた、という人はぜひチェックしてみてください。

ムダづかいを減らすなら「欲しいものリスト」を作ろう

「欲しいものリスト」を手帳やノートに書き出してみたことのある人は多いと思います。仕事術のひとつにGTDというものがありますが、GTDでは徹底的にToDoリストを書きだそうといいます。公私にわたってリストを作ったり(週末の買い物リストも作ってよい)、あるいは中長期的なToDoリスト(5年以内に○○資格試験に合格のような項目もリスト化する)も作っていきます。

リストを作ることの意義は、なんといっても「見える化」されることです。これによって「本当に欲しいもの」をリスト化し、優先順位をつけられるようになります。

お店でいいものをみつけて「買うか?」と思ったときには、「欲しいものリスト」をチェックすることで、「いや、これよりリストのこっちのほうが優先順位が上だ」と頭の整理ができるわけです。

今回はネットのサービスを使って「欲しいものリスト」を作ってみます。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング