パナV3か、ヤマハ初Vか。トップリーグPO突入!

2016.1.5 15:30配信
堀江翔太(パナソニック ワイルドナイツ) (c)JRFU 2016, photo by H.Nagaoka 堀江翔太(パナソニック ワイルドナイツ) (c)JRFU 2016, photo by H.Nagaoka

パナソニックが3連覇を達成するのか、ヤマハ発動機が悲願の初優勝を飾るのか、最多優勝5回の東芝や初代王者・神戸製鋼が覇権を奪還するのか。『ジャパンラグビー トップリーグ』が、いよいよ一発勝負の『LIXIL CUP 2016』に突入する。

ジャパンラグビー トップリーグ チケット情報

波乱があった。優勝3回・準優勝3回のサントリーは、A組5位に甘んじ、まさかの順位決定トーナメント参戦を余儀なくされた。激しい星の潰し合いが展開されたA組で抜きん出たのが、パナソニックだ。V2王者はリーグ戦を6勝1分で走破した。

2年連続MVPのべリック・バーンズは、キック成功率90.91%という驚異的な精度を誇り、ベストキッカーを受賞した。堀江翔太主将は前線で体を張るだけではなく、ゴロパントやノールックパスなど意表を衝くプレーを見せ、リーグ戦通算96トライの北川智規も衰えることのない得点能力を発揮した。12月から負傷欠場中の日本代表・山田章仁も来るべき決戦に準備を整えていることだろう。王者・パナソニックは『LIXIL CUP 2016』で、さらにギアを上げる。

B組1位となったのは、ヤマハ発動機だ。第6節・神戸製鋼に完敗を喫したが、これはSH・矢富勇毅を出場停止で欠いたのが響いた結果である。思えば、昨季もセカンドステージで神戸製鋼に10-40で敗れたが、『LIXIL CUP 2015』準決勝では41-12とキッチリ借りを返した。第7節・キヤノン戦ではセットプレーでの強さも取り戻している。3年ぶり3回目の得点王に輝いた五郎丸歩も好調を維持する。プレーオフを勝ち抜く環境は出来つつある。

A組2位となった東芝は第2節・NTTコム戦でつまづいたが、第5節・パナソニック戦で17-17、第6節・近鉄を58-12と圧倒し、第7節・サントリーを25-14と振り切り、勢いに乗る。B組2位の神戸製鋼は第6節・ヤマハ戦でセットプレーで勝利をもぎ取り、第7節・トヨタ自動車戦ではミスから接戦を落とした。トーナメントではゲームマネージメントが重要となる。

パナソニック、東芝、ヤマハ、神戸製鋼の4強に対し、A組3位・近鉄、A組4位・NTTコム、B組3位・トヨタ自動車、B組4位・キヤノンが挑むことになる。近鉄とトヨタ自動車は得意のフィジカルコンテストで勝機を見出したい。NTTコムは日本代表No.8のアマナキ・レレィ・マフィ、キヤノンは南アフリカ代表FBのウィリー・ルルーのビッグプレーで活路を切り開きたい。

『LIXIL CUP 2016』1回戦は、近鉄×神戸製鋼、東芝×トヨタ自動車・パロマ瑞穂ラグビー場(愛知)、NTTコム×ヤマハ発動機・キンチョウスタジアム(大阪)、パナソニック×キヤノン・ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川)の組み合わせで、1月9日(土)キックオフ。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング