深田恭子“ドS”な男性も「愛があれば」 “ダメ女”役への意気込みを語る

2016.1.5 15:56配信
“アラサーのダメ女”を演じる深田恭子

 TBSの火曜ドラマ「ダメな私に恋してください」の制作発表が5日、東京都内で行われ、出演者の深田恭子、DEAN FUJIOKA、三浦翔平、野波麻帆、ミムラが出席した。

 女性コミック誌『YOU』に連載中の中原アヤ氏による同名漫画を原作にした本作は、無職で貯金なし、彼氏なしの“アラサーのダメ女”柴田ミチコ(深田)と、“ドS元上司”黒沢歩(DEAN)コンビのツンデレラブコメディー。

 「徹底的にダメ女を演じていきたいと思います」と意気込みを語った深田に対し、DEANも「ミチコを下僕としていじめ抜くのでぜひお楽しみください」とアピールするなどすでにコンビネーション抜群。

 二人の掛け合いについて深田は「漫画で表現されているものを映像でどう出していくか、現場で話しながらお芝居しながら進めている毎日です」と撮影の様子を語った。

 深田は、黒沢のような“ドS”な男性の印象を問われると「愛があれば。(黒沢)主任は優しさがあって、ミチコをいい方へと導こうとしてくれるので。無意味なドSは嫌だなと思います」と明かした。

 DEANは「日常で出てしまわないか心配。昔はこんなしゃべり方はしなかったというのがぽろっと出てしまって、ドキっとしています」と役柄の影響力に不安を述べた。

 黒沢の元恋人を演じる野波は飲酒シーンが多く、監督から「外の塀のところで寝っ転がってお酒を飲んでほしい」と演出されたといい、「私はそんなの嫌だな、変だなと思っていたのですが、やってみたらすごくしっくりきてこんな変な役なんだと分かりました」と笑わせた。

 また、演じる役柄のいい面とダメな面について深田は「すごく楽観的で、どんなことにも本気で突き進むところがいいと思います」としながらも「主任に借金してしまうところはダメ。貢ぎ癖や借金はダメ!」と声を大にし、DEANは「面倒見が良くて愛情にあふれたすてきな人物だと思いますが、自分でももっと言い方があるだろうと思ってしまうぐらいとにかく口が悪い」と苦笑していた。

 ドラマは12日午後10時から毎週火曜日に放送。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング