手のひらで簡単診断! 本当に似合う「美人服」が分かる方法

トレンドの服を着ていてもイマイチなのは、顔立ちや肌の色に似合っていないから…!? 何を着たらオシャレに見えるのか、大人なら知っておきたい美人服の選び方を、これまで3万人以上を指南してきたカラープロデューサーがご指南!

イラストレーション 米澤よう子

トレンドの服を着る、新しい服を着る、そうすればおしゃれ?

大人の女性なら、素敵に見える服選びがそれほど簡単ではないことはお分かりでしょう。

若い服は似合わないし、落ち着いた服だと老けてみえる…何を着てもおしゃれにみえない、そんな悩みが出てくるのが30代。

15年に渡り、3万人以上の女性を指南してきたカラープロデューサーの今井 志保子さんは、「服を選ぶ基準が、あなたに似合うか否かよりも、“好き嫌い”や流行っているかなど“情報”を優先してしまうため、その結果、“あなた”と“洋服”に違和感が生じ、おしゃれに見えなくなるのです。あなたに似合う服=個性や魅力を活かし引き立てる服を選ぶべき」と話します。

今井さんは元 (株)サザビー(現・サザビーリーグ)、「アガット」のスーパープレスとして活躍した後、2000年に独立し、カラープロデューサーに転身、著書「おしゃれが苦手、センスがなくても大丈夫! わたしに似合う「美人服」の見つけ方」を上梓しました。

似合う服はやみくもに探しても見つかりません。

今井さんのメソッドは肌の色みと顔立ちから相性のよい色とデザインを選ぶ方法。

それでは今井さんの新著から、それぞれの“美人服”を見つける方法をお伝えします!

あなたはどっちのタイプ? 肌の色みをチェック!

似合う色は肌の色みが教えてくれます。

「同じ色みを持った“色×色”なら互いに調和し、引き立て、まるであなたの一部のようになじみますが、異なる色みでは相性の悪さからなじまず、色だけ浮いて見えたり、肌をくすませ不健康で老けた印象にさえも見えたりするのです」(今井さん)。

〝肌の色み〞と〝同じ色みが含まれた色〞をそろえることが基本ルール。そんな肌の色みは、大きく2つのタイプに分けることができます。

ひとつは、“黄〜オレンジ” の色みを含んだ「ゴールドタイプ」。

もうひとつは、“青〜赤紫” の色みを含んだ「プラチナタイプ」。

判断がつかない場合は、手のひらの血色が、黄~オレンジっぽい色(ゴールド)、またはピンク~赤紫っぽい血色(プラチナ)なのかで判断してみてください。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント