©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

カリフォルニア ディズニーランド・リゾートに2019年5月31日、新エリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」がオープンしました。

エリア限定の宇宙っぽいフードメニューが豊富に用意されている中、目玉は「ブルーミルク」と「グリーンミルク」

映画に登場したあのドリンク、実際の味をレポートします。

映画のミルクが実際に飲める

©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の目玉フード、「ブルーミルク」と「グリーンミルク」。

ブルーミルクは『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で登場したドリンク。

その名の通り青いミルクのような飲み物で、カンティーナで提供されていました。

グリーンミルクは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で登場。

ルーク・スカイウォーカーが動物から絞って飲んでいました。

そんな映画の世界で描かれてきた飲み物が、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の「ミルク・スタンド」では実際に飲むことができます。

意外と美味しい

映画を観ていてもそんなに美味しそうではないし、宇宙の飲み物だし、不味いのだろうな…と思いながら飲んでみました。

「…意外と美味しい」

ミルクという名前ですが若干シャーベット状で、味はブルーハワイ。

コンビニで夏場に売っているシャーベットドリンクのブルーハワイ味のような飲み物でした。

グリーンミルクはこれと特定できるような味ではありませんでしたが、マンゴーがほのかに香るような味わい。

やっぱり不味くない。

ブルーミルク、グリーンミルクは各7.99ドルです。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、カリフォルニア ディズニーランドではオープン済。

フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのディズニー・ハリウッド・スタジオでは2019年8月29日にオープン予定です。

フロリダでも同様のショップが展開される予定です。

取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます