介護の現場を捉えた記録映画が満足度ランク首位に

2012.4.16 18:13配信
『季節、めぐり それぞれの居場所』 

「ぴあ」調査による4月13、14日公開の映画・満足度ランキングは、介護の現場を捉えたドキュメンタリー作品『季節、めぐり それぞれの居場所』がトップに輝いた。2位にシリーズ16作目となる『映画 名探偵コナン 11人目のストライカー』が、3位にシリーズ20周年記念作品となる『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』が入った。

その他の写真

1位の『季節、めぐり…』は、老舗の福祉施設、若者が立ち上げた宅老所、東日本大震災直後の介護付有料老人ホームなどの現場から、利用者とスタッフを捉えた介護の記録。出口調査では「核家族の現代日本に刺激となる1本」「普通の介護とは違う、ひとりひとりと向き合うこのような介護もあるのかと驚いた」「施設の内容だけでなく、介護をする人、される側の気持ちがわかった」「ナレーションがないドキュメンタリーで、人によって捉え方が変わるという新しさがある」など、幅広い年齢層から支持された。

2位の『映画 名探偵コナン…』は、サッカー・スタジアムを舞台にコナンが事件解決に奔走するシリーズ最新作。アンケート調査では「最後まで犯人がわからずハラハラした!」「少年探偵団とコナンくんたちの絆に感動した」「本人役でJリーグの選手が出てくるので楽しかった」「コナンくんがいつも以上にカッコよかった!」「いつもよりアクションシーンが多いのでドキドキした」「サッカーをスタジアムで観たくなった」など、子どもから20代までの若者を中心に好評だった。

(本ランキングは、2012年4月13日(金)、14日(土)に公開された新作映画8本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング