「目がテン」新・実験プレゼンターに渡辺裕太 初のナレーションに父・渡辺徹からアドバイス

2016.1.7 6:37配信
(左から)渡辺裕太、所ジョージ、後藤晴菜アナウンサー

 日本テレビ系で毎週日曜日午前7時から放送中の生活情報教養番組「所さんの目がテン!」の新・実験プレゼンターにタレントの渡辺裕太が起用され、17日放送回から登場する。

 身近な話題について科学的に解明していく番組の実験プレゼンターは、現在ユージと酒井善史が務めており、これまでに「特別調査員」として数回登場している桝太一アナウンサーと渡辺を加えた4人でさらに番組を盛り立てていく。

 渡辺が初登場する17日放送回では「科学でドッキリに大挑戦!!」をテーマにドッキリの核となる“驚き”のメカニズムを追求し、科学的ドッキリを考案する。初収録後、渡辺は「所ジョージさんと初めてお会いしたので緊張して収録に入ったのですが、所さんの懐の深さに触れ、手を大きく広げて迎えてくださったので楽しく収録できました」と振り返った。

 スタジオでの番組収録は、所の横に座った渡辺をはじめとする実験プレゼンターや後藤晴菜アナウンサーがその場でVTRにナレーションを付けていくというスタイルで行われる。ナレーションの初仕事に臨むに当たり、渡辺は父・渡辺徹に「ナレーションってどうやればいいの?」と質問し、口の運動などを直伝されたという。

 1989年10月1日にスタートし、今年で27年目を迎えた番組と同い年という渡辺は、これまで視聴者として番組を楽しんでおり、「母(榊原郁恵)がファンだと言っていました」と明かした。また、所の印象を「会う前と会ってからでも、びっくりするぐらい変わらないです。何に対しても一生懸命で面白さや興味を持って追求していらっしゃる方でした」と語り、今後は「余裕を持ってスタジオ収録に臨めたらと思います」と語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング