AB1012-0083

長男のアレルギーをきっかけに料理を始め、オーガニック食品による無添加手作りを実践している料理家の宮川順子さん。

著書『料理嫌いだった私が「365日×15年」毎日台所に立ち続けた理由』から、お子さんでもたっぷりピーマンを食べられる! 驚きの<ピーマン弁当>のレシピをご紹介します。

ピーマンは炒めるだけ!

<Point>
せん切りピーマンをしっかり炒めて塩、こしょう、醤油で味つけ。花かつおを混ぜたらでき上がり。ポークソテーはオマケです。長男曰く、ピーマンとご飯だけでよいそう(笑)。

ピーマン弁当

■ 材料(弁当箱大1個分)

ピーマン…6個
豚とんかつ用ロース肉…1枚
ごま油…大さじ2
ご飯…2膳分
花かつお…適量

A
塩…小さじ1/2
こしょう…少々
醤油…大さじ1

■ 作り方

1. ピーマンは種を取ってせん切りにする。豚肉は筋を切って叩いておく。弁当箱にご飯を平らに入れておく。

2. フライパンを温めてごま油大さじ1を入れ、ピーマン、花かつおを入れて中火で炒める。

3. しんなりしたらAで味つけし、ご飯の上に広げる。

4. フライパンを洗って温め、残りのごま油を入れて豚肉を入れ、両面を焼いたら塩、こしょうする。

5. 4を食べやすく切ってピーマンの上に並べる。

 

料理嫌いだった私が「365日×15年」毎日台所に立ち続けた理由

子どもを守るために、バブルOLがド根性母ちゃんへ変身!
人気料理家・宮川順子の涙と笑いの15年レシピエッセイ。

料理を楽しむコツがたくさん詰まった、ずっと持ち続けていたい一冊です。

<コンテンツ>
・家庭料理の一番のコツは「頑張らない」
・調理は「煮る」と「焼く」ができればいい
・食材の「旬」と「産地」を考える
・料理は献立が8割、「おいしい」は2割
・汁物は毎日3回あっていい
・毎食手作りのタイムマネジメント
…etc.

「うまい肉」更新情報が受け取れます