大竹しのぶ、勘三郎さんの行動にびっくり? 借りたままの本「実はピン子さんのでした」

2016.1.7 15:19配信
ピアフの写真ををバックに笑顔を見せる大竹しのぶ

 舞台「ピアフ」の製作発表記者会見が7日、東京都内で行われ、主演の大竹しのぶをはじめ、梅沢昌代、彩輝なお、伊礼彼方、川久保拓司が出席した。この作品は、フランスのシャンソン歌手エディット・ピアフの激動の半生を描いたもの。2011年の初演では、大竹が読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞。今回は3年ぶり3度目の公演となる。

 「私もピアフの歌に勇気づけられた1人」という大竹はこの再々演に当たり「これを見た人にまた生きる喜びを感じていただけたら。『前よりももっとよかった』って言ってもらえるように、ピアフと同様“全身全霊”でお芝居を作っていきたい。1回目、2回目のことは全部忘れて、稽古でゼロから作っていきます」と決意を語った。

 大竹が20歳のころに、中村勘三郎さん(当時、勘九郎さん)からピアフの自伝を手渡されたのがピアフとの出会い。以前からこのエピソードを語っていた大竹だが、この日は“新エピソード”も披露した。先日行われた「日本レコード大賞」の席で泉ピン子と一緒になったという大竹は「ピン子さんが『またピアフやるのね。私、のりちゃん(勘三郎さん)に、ピアフの本を貸してあげたのよ』って言って。『エッ?どんなの?』と聞いたら『緑の分厚いやつ』って…。『それ私が持ってます』となり…」とその場でのやり取りを“再現”。

 「(私が)勘三郎さんから借りていたと思っていたのは、実はピン子さんの本でした」と笑って語った大竹は、あらためて「哲明(のりあき)さんらしいなって」としみじみ。「人から借りたものを『これいい本だよ』『読みなさい』だなんて。本当にずうずうしいやつだ、みたいな…」とその人柄を愛情たっぷりに振り返った。大竹は、まったくの“同一本”かどうかは「もう一度ピン子さんとゆっくり話さないと分からない」としながらも、もしこれが本当だったら「哲明さんも借りパク。私も借りパク…」と苦笑いだった。

 一方で、「自分が舞台で“落ちそうな時”、彼だったらどう思うかとか常に意識している。それぐらい舞台に懸けるあの人のエネルギーはすごいものがあったので。常に彼に恥ずかしくないような芝居をしたい…というのはあります」と勘三郎さんの存在の大きさにも触れていた。

 舞台は2月7日~3月13日、都内のシアタークリエを皮切りに、大阪、広島、名古屋で上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング