【テレビ】80年代アイドルが明かす「今だから話せること」

ここ最近、さまざまなジャンルで盛り上がる80年代ブーム。80年代を代表するアイドルだった早見優さんと香坂みゆきさんが当時の芸能界事情から80'Sカルチャーまで語ります。

映画、音楽、ファッション、アート……ここ最近、さまざまな分野で盛り上がる80年代ブーム。そもそもどんな時代だったの? というわけで、80年代を代表するアイドル/タレントの早見優さんと香坂みゆきさんに、当時の芸能界事情からおすすめの80'Sカルチャーまで、ざっくばらんに語ってもらった。

――今回の対談では“80年代という時代”を振り返っていただきます。当時、エンタメの大きなムーブメントとして「トレンディドラマ」が大流行しましたね。

早見「みゆきさんは、よく出ていましたよね」
香坂「そんなに出てたかな? 私が憧れていたのは、小川知子さん。『金曜日の妻たちへ』(TBS系/'83年)のころですね。そんな中で、私自身、80年代後半は歌手の活動よりも、ドラマに出演することが多くなって。現場はすごく楽しかったけれど、よくあんなにも寝ないでいられたなって、今思うと感心します(笑)。深夜の3時半くらいまで撮影して、緑山スタジオ近くのシティーホテルに泊まって、翌朝は6時半入り……みたいな感じで。私に限らず、当時はみんな元気で、体力の限界なんて考えていなかったと思います。今だったら、絶対に無理ですね」

早見「ドラマの現場は、お弁当が出るのがうれしかったですね。当時の歌番組って、お弁当が出なかったから。唯一、NHKにはカップめんを買える自販機があって、それをすごく楽しみにしていた記憶があります(笑)。当時はコンビニも今より少なかったですから」
香坂「そうそう。だから、ストッキングが破れただけで大騒ぎ。不自由だったけれど、その分、ちょっとのことでは負けないようなパワーがあったよね」


――今回はデニーズでハンバーグを食べていただきながらの取材です。当時、ファミリーレストランに来ることはありましたか?

香坂「あまりなかったですね。たまに行くとすごく贅沢な気分になりました。地方公演のときに、少し早めに現地に入って、国道沿いのファミレスに行くのが幸せでした」
早見「ロケ弁は決まったものばかりだったし、“温かいものが食べられるなんて、ラッキー!”って(笑)。当時、アン・ルイスさんにかわいがってもらっていて、よく一緒に遊んでいたんです。カラオケで朝まで過ごした後、『早見、デニーズの朝定食は美味しいんだよ』って言われたのをよく覚えてます。アン・ルイスさん、ああ見えて和定食が好きなんですよ(笑)」

早見さんが食べているのは「アボカドハンバーグ」。香坂さんが食べているのは「春野菜のさっぱり四元豚~黒酢と生姜のオニオンソース」

いま人気の動画

     

人気記事ランキング