TBS林みなほアナが“女優”デビュー 主演のムロツヨシも「目力が強い」と絶賛

2016.1.8 16:50配信
ムロツヨシ(左)と林みなほアナ (C)TBS

 ムロツヨシ主演、TBS連続ドラマ、テッペン!水ドラ!!「悪党たちは千里を走る」に同局の林みなほアナウンサーが出演することが分かった。

 本作は、貫井徳郎氏の同名小説を原作としたユーモラスサスペンス。主人公は、ムロ演じる制作会社のドラマディレクター高杉篤郎。会社を辞め、さらに1千万円の借金まで背負ってしまった高杉は、ひょんなことから謎の天才犯罪者によって誘拐事件の犯人に仕立てあげられてしまう。

 今回、林アナが演じるのは、高杉の元カノで、後輩ADの双子を妊娠中の妻という小悪魔的な役どころ。

 朝の情報番組「はやドキ!」とのコラボ企画として、レギュラーキャスターの中から4人の女子アナウンサーがオーディションに参加し、林アナが選ばれた。池田克彦プロデューサーは「個性的な役どころだけに、オーディションで見せた林アナのインパクトのある演技が目に付いた」と起用理由を説明した。

 撮影を終えた林アナは「初めての女優体験は、未経験のことばかりで驚きの連続で難しかったです。演じた中でどれが正解だったのか、どの演技が採用されるのか分からないので、放送を見るのが楽しみです」と語った。

 林アナの演技についてムロは「目力が強い。別れのシーンではすごく厳しい目でにらまれました。実生活でも経験済み?みたいな迫力でした」と絶賛した。

 また、原作者の貫井氏が先日、撮影現場を表敬訪問したことも分かった。この日は、高杉が暮らすマンションのセットでの撮影。美術スタッフがこだわりの小道具で飾ったセットを見学した貫井氏は「自分の頭の中にしかなかった登場人物の部屋が、ドラマのために実際に作られた様子を見るのは興味深いです」とコメントした。

 さらに「ムロツヨシさんは自分のイメージ通り。ぴったりの俳優さんに演じていただき、良かったです。見事なキャスティングに感心しました」と感謝の言葉も伝えた。

 ドラマは20日午後11時53分から毎週水曜日に放送。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング