吉田栄作、離婚後初の公の場で決意表明 「心機一転、公私ともに頑張っていきたい」

2016.1.8 17:2配信
11年ぶりのラブストーリー出演となった吉田栄作

 NHK総合のドラマ10枠で放送される新連続ドラマ「愛おしくて」の完成試写会および会見が8日、東京都内で行われ、出演者の田中麗奈、吉田栄作、秋吉久美子ほかが出席した。

 ドラマは、女と男の揺れ動く三角関係の人間模様を軸に、壊れてしまった親子の絆の再生と愛に傷ついた一人の女性が、人を“愛おしく”思う気持ちを取り戻し、幸せをつかもうとする姿を描く大人の愛の物語。

 母を亡くし、15歳の時に愛人をつくった父に捨てられ、一人で生きてきた絞り染め作家の小夏を演じる田中は「過去をすごく背負っていて、だんだんと心の状態などを話し出すのですが、言ってどんどんほっとしていくところがある。彼女の精神状態や人との距離の置き方に気を付けました」と役づくりを明かした。

 吉田は田中と秋吉が演じる女性たちの間で揺れ動く獣医師を演じる。11年ぶりのラブストーリー出演には「いつの間にか経っていたんだなと思いました。時々やってみないとなと。『これからも時々やってください』と麗奈に言われました」と手応えを語った。

 吉田は「撮影前に『脱いでもいいように鍛えておいて』とリクエストされた」といい、「ちょうど夏までマッチョな役をやっていたので、自信を持って最終的には自分から脱ぎました」と秋吉とのラブシーンをアピールして笑わせた。

 秋吉も「個人的にはエステ代が高かったです。今日試写で(自分の)背中や足を見て、私の女優としての奉仕は十分終わったなと思いました」と語った。

 また、吉田は実生活では昨年12月に女優の平子理沙と離婚しており、この日が離婚後初の公の場への登場となった。あらためて心境を問われると「年末はいろいろあったもので、今年から心機一転、公私ともに頑張っていきたい」と力強く語り、「吹っ切れた?」の問いには「もちろんですよ」と笑顔で答えた。

 ドラマは12日午後10時から毎週火曜日に放送。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング