中島裕翔、菅田将暉にパンチ 撮影中のアクシデント告白

2016.1.9 15:52配信
中島のパンチを「気持ちよかった」と振り返った菅田将暉

 映画『ピンクとグレー』の初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、小林涼子、柳楽優弥と行定勲監督が出席した。この作品は、NEWSの加藤シゲアキが描いた“問題作”を映画化。幕開けから62分後、“ある仕掛け”で世界がピンクからグレーに変わる衝撃が待っている。

 大人気スター・白木蓮吾役で主演した中島は「今日を無事迎えられて本当にうれしいの一言。映画初主演で、これだけの良い環境をそろえていただき幸せ者です」と感謝のコメント。「ちょうど昨年のこのころの撮影で、(公開は)まだかまだかと思っていた。皆さんのリアクションが楽しみ。今日から『ピンクとグレー』の一色に染まっていただければ」と笑顔で呼び掛けた。

 一方、本作で白木の親友役を演じた菅田は、撮影を通して実際に中島と大の仲良しに。「今日は裕翔の晴れ舞台に来るお父さんの気分」と笑わせつつ、中島を自前のカメラでパシャリパシャリと撮影するなど、テンション高め。

 行定監督も「撮影から1年の間にこれだけ仲良くなっちゃって…。撮影はたった3週間。役柄同様、お互いがリスペクトし合う関係になっているのは、この映画の大きな“要因”になっている」と2人の関係に目を細めた。

 また、出演を経て“変化したこと”を問われた2人。中島はあらためて菅田の存在に触れ「同世代でこんなにすごい役者がいるのかと思った。普通なら気負ってしまうところだけど、ある意味世界観が変わった」としみじみ。菅田は「後半に裕翔に殴られるシーン。僕は笑顔で鼻血をたらしながら殴られるのですが、あれがすごく気持ちよかった」と述懐した。

 現場では、中島のパンチが本当に菅田に当たってしまうアクシデントも発生したといい、中島が「実際に(菅田に)かすっちゃって、焦った」と振り返ると、菅田も「一瞬記憶が飛んだ瞬間があって気付いたら椅子に座っていた。目の前で裕翔が“あーーっ”てなってて。それで当たったんやと気付いた」と告白した。「(パンチが入ったことで)一瞬芝居じゃなくなる瞬間があって…」と反省する中島に、菅田は、「でも、裕翔は(芝居を)よく続けたと思いますよ」とフォロー。

 芝居ながらも「その感覚が今までなかった。気持ちよかった。お芝居で一つ越えていく瞬間だった」と話す菅田に、中島も「僕は焦って怖かったけど、結局笑い話にしてくれて…。距離がちょっと縮まったかな」と振り返っていた。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング