中島裕翔、カメラ&ノリノリ菅田将暉に苦笑

2016.1.9 21:6配信
(左から)柳楽優弥、夏帆、菅田将暉

映画『ピンクとグレー』が1月9日に公開を迎え、主演の中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、小林涼子、柳楽優弥、行定勲監督が都内劇場での最初の上映前に舞台あいさつを行った。

『ピンクとグレー』舞台あいさつ/その他の写真

現役のジャニーズのアイドルである加藤シゲアキ(NEWS)が執筆したデビュー小説を映画化。人気スターの突然の死と残された6通の遺書を巡り、芸能界の嘘とリアルが生々しく描かれる。

中島は映画初出演にして初主演。ちょうど1年前に行われていた撮影に思いを馳せつつ「無事に公開の日を迎えられてよかったです。ひと言で言って嬉しいです!これだけのキャストが集まり、しかも行定監督で、初出演、初主演でこれだけよい環境を作っていただいて、その幸せをかみしめています」と感慨深げ。

その中島と本作を通じて“異常に”仲良くなった菅田は、首からカメラをぶら下げて登壇。中島が話し出すと、その前に躍り出て撮影を始め「やりづらい!」と苦笑されていたが、当人は「裕翔の晴れ舞台に来た親のような気持ち。授業参観に来た気分です」とノリノリだった。

夏帆は中島との共演はこれが3度目となるが「初めて会ったのはまだ(中島が)小学生のころで、私より小さくて『夏帆ちゃん、夏帆ちゃん』とかわいかった」と語り「素直に真っ直ぐ育って、一緒に晴れ舞台に立てて嬉しい」としみじみ。周囲から「お母さん(笑)?」とツッコまれていた。

本作は上映開始62分で「世界が変わる」と言われており、その秘密については一切、伏せられてきた。柳楽、岸井、小林の3人はそこに大きく関わることから、自身の役柄に関しても深く話すことができないという苦しさを抱えつつ、公開日を迎えた。柳楽は自身が話題に上ってもたびたび、聞いておらず「しゃべっちゃいけないってことだけ考えて来てるから(苦笑)」と笑いを誘う。岸井は「私自身、台本を読んで知っているのに62分で衝撃を受けました!」とこれから映画を見る観客の期待を煽っていた。

『ピンクとグレー』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング