キャンプに憧れているけれど、本気のアウトドアまではちょっと…というファミリーにおすすめなのが「グランピング」。

テントの中は、ホテルのような設備が整い、ホテルのようなサービスを受けられるグランピングは、今注目の人気スポットでもあり、子連れにぴったりのアウトドアスポット。

群馬県富岡市にある昨年オープンしたばかりのグランピング施設『妙義グリーンホテル&テラス』について、前回からお届けしていますが、今回はグルメ編。

これがキャンプ?と思わせる、ラグジュアリーな食に、誰もが心を掴まれるはず!

アルコールも飲み放題!嬉しいフリードリンクサービス

まず必見ポイントといえば、テラス棟に宿泊の方は、飲み物がフリーサービスということ!

フロント棟には、子どもに人気のソフトドリンクをはじめ、温かい緑茶や紅茶、コーヒーなど、数え切れないほどの飲み物が、すべてセルフサービスにて、チェックインしたときから、翌日の9時30分迄飲み放題になるんですよ。

夜にはフロント棟がバーに変身!

アルコール類が17時から22時まで提供されて、もちろんフリー(一部銘柄を除く)。

生ビールやウイスキー、ワインなど、豊富に揃いオリジナルカクテルだって作ることが可能なんです。

ラグジュアリーテントは、ワンランク上のウエルカムドリンク

そうそう。フロント棟に行かなくても、テラスの中に飲み物は用意されています。

フロント棟にあるマシンと同様のものが用意されているので、コーヒーや紅茶、緑茶など、出来立てのものを、いつでも飲めるようになっているんですよ。

ちなみに、ラグジュアリーテントのウエルカムドリンクは、他のテラス棟よりワンランク上の飲み物が充実!

群馬県産の地ビール『KAWABA ヴァイツェン』や赤ワインがボトルで用意されているから、バータイムを待たずとも、アルコールで乾杯!もできちゃいます。

BBQだけじゃない!コース仕立ての特選メニュー

お楽しみの夕食はというと、各テント外にあるプライベートデッキで、完全プライベート空間で提供される、オールインクルーシブスタイル!

スタンダードテントやエアストリームはBBQをメインとしたものに対し、ラグジュアリーテントは、コース仕立ての特選メニューがついた、フルコースメニュー。

しかも!ラグジュアリーテントに宿泊の場合は、夕食の調理は、すべてシェフが担当してくれるため、自分で調理をする必要なし!

BBQは楽しいけれど、ゆっくり食べることができなくてストレス…という方も多いはず。旅先ではゆっくりしたい!というママパパにぴったりです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます