倒れても立ち上がれ! 映画『タイタンの逆襲』が描く“ヒーロー像”

2012.4.17 13:22配信
『タイタンの逆襲』

『アバター』のサム・ワーシントン主演のアクション大作『タイタンの逆襲』が21日(土)から日本公開されるのを記念して、ワーシントンがインタビューに応じ、新作にかける想いや、自身が考える“ヒーローの条件”について熱く語った。

その他の写真

映画『タイタンの逆襲』は、人間と魔神の壮絶なバトルを描いたアクション大作。神々の王であるゼウスと人間のあいだに生まれたペルセウス(ワーシントン)が、人類を支配するべく復活した巨神タイタン族の脅威に立ち向かうべく、冥界への危険な旅に出る姿を描く。ワーシントンのほか、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズらが出演する。

前作で強敵を撃破したペルセウスはその後、神になることを選ばなかった。映画の冒頭、彼は愛する息子と穏やかに暮らす漁師として登場する。「ペルセウスに息子がいることで、彼の優しい面も表現できた」というワーシントンが本作で目指したもの、それは自身が演じるキャラクターの“掘り下げ”だ。「自分にとって初めての続編映画だったから、前作では表現しきれなかった部分を深く掘り下げようとした。特に“家族をもつ男”としてのペルセウスを演じるのはやりがいがあったよ」。

しかし、巨神の復活によって彼は“優しい父”のままではいられなくなる。世界の危機を救うため、前作以上に凶悪な敵と戦うことになるのだ。「今回のバトルは、敵ごとに異なった戦いを見せたいと思ったよ。でも、あえて特別なトレーニングはしなかった。何せ、ペルセウスは前作から10年もの間、剣すら振っていないような状態だからね。しかし、そこから力を振り絞って戦いに身を投じる。その道のりが魅力的だと思ったんだ」。劇中でペルセウスは幾度となく絶対的なピンチに陥り、あまりに強い敵を前に膝をつきそうになる。しかし、彼は戦い続ける。その姿はワーシントンの考える“ヒーロー像”に通ずるものがある。「俺にとってヒーローとは、何かに敗北しても、そこから再び立ち上がるヤツのことだ。そこにインスピレーションを感じるし、再び立ち上がる者こそがヒーローだと思うんだよ」。

ちなみに、ワイルドなルックスからは想像しがたいが、実際に会ったワーシントンは、映画冒頭のペルセウスのように穏やかで優しい男だ。「映画に関わっているせいか、タフに見られるけど、実際は買い物も好きだし、洗濯もするし、イヌのトイレも自分で拾ってるんだ(笑)」。神の力を持ちながら、人間の“弱さ”を持つがゆえに圧倒的な強さを持つペルセウス。何度も窮地に立たされながら、諦めることなく敵に立ち向かう真のヒーローを演じられるのは、絶対的なスターではなく、私たちが親近感を感じられるワーシントンのような男ではないだろうか。

『タイタンの逆襲』
4月21日(土) 丸の内ピカデリー他全国ロードショー(3D/2D公開)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング