松坂桃李、『パディントン』で学んだ“紳士道”

2016.1.12 10:41配信
松坂桃李

俳優の松坂桃李が、世界中で旋風を巻き起こす映画『パディントン』で洋画吹き替えに初挑戦し、紳士的なクマのパディントンを演じている。「“彼”が紳士だなと思うのは、言葉や行動にいやみがないところですね。どんな相手にも純粋に向き合うことで、自分の気持ちを伝える。それが無意識にできるのが紳士だと思います。パディントンの場合は、あまりに可愛くて、ちょっとズルイですけどね」と本作で学んだ“紳士道”を語る。

その他の写真

全世界3500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説を、『ハリー・ポッター』シリーズや『ゼロ・グラビティ』を手がけたプロデューサーのデイヴィッド・ハイマンが実写化。ペルーのジャングルからロンドンにやってきたパディントンが、初めての都会暮らしに戸惑いながら、成長する姿をコミカルに心温まるタッチで描き、すでに世界興収が320億円を超えている。

「ベースにあるのは、純粋な気持ち。パディントンにとって、ロンドンで目にするものは何もかもが新しいんです。まるで上京したての男の子みたいに(笑)、好奇心を発揮する姿がいつの間にか、周囲の人々の心もほぐしてくれる。もちろん、紳士的な礼儀を忘れずに…ですね」

パディントンが魅力的なキャラクターなのは間違いないが、演じる上で“クマ”ゆえの難しさもあったという。「口元が毛で覆われていますから、動きや形が分かりづらい場面もあるんですよ。引きの映像だと『今、しゃべっている?』みたいな(笑)。ニュアンスを変えたり、アドリブでセリフを追加したり、吹き替えならではの試行錯誤がありました。パディントンが何か食べていれば、僕もパンを口に入れてみたり」とアフレコの舞台裏を明かす。

「パディントンと同じくらい、彼を迎え入れるブラウン一家が魅力的。みんな本当に個性的で、活き活きしたキャラクターなんです。何より、パディントンとの出会いを通して、家族のきずなが深まるドラマにグッときてしまう。それにロンドンの街並みがポップで可愛いし、あのスパイ映画(笑)を思い出させるシーンもあって、作り手の遊び心が詰まっていますね」

『パディントン』
1月15日(金) 全国ロードショー

取材・文・写真:内田涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング