大泉洋「スタッフとは平行線が続いている」 「アピールもしたくない」

2016.1.12 17:35配信
「『真田丸』の会見にお越しいただきありがとうございます」とあいさつした大泉洋

 今年で放送開始14年目に突入する北海道発のローカルバラエティー番組「ハナタレナックス」の全国放送“第2弾”記念!記者会見が12日、東京都内で行われ、演劇集団TEAM NACSメンバーの森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真が出席した。

 昨年2月に初の全国ネット特番が放送された同番組。前回の好評を受け、このたび全国放送“第2弾”が決定した。今回は5人が北海道の札幌と十勝を舞台に“おもしろ看板”を探して右往左往のドキドキ旅を繰り広げる。

 会場に集まった多数の報道陣を見て、「ハナタレナックスのために?」と驚いた様子の5人。「(関係者が)必死に友だちを集めたんだろ」と疑心暗鬼の大泉は、「本日は、大河ドラマ『真田丸』の会見にお越しいただきありがとうございます」とあいさつした。

 質疑応答の際も、報道陣の挙手の少なさを見て「本当は『ベッキーが来るよ』とか言ったんじゃないの?」と関係者に疑いの目を向けて、笑いを誘った。

 また、今回の見どころを紹介するよう求められた5人は「これを全国でやってほしいと言いましたか」とここぞとばかり制作陣に不満を爆発させた。

 大泉は「全身タイツを着せられたり、『全員でおならをしてベートーベンの運命を奏でろ』と言われて、イモを食べさせられたりもした」とこれまでの“ひどい企画”を振り返ると、「このように、始まってからずっとスタッフとは平行線が続いている。やらしてほしいことはやらせてくれない。だからアピールもしたくない」と語ると、森崎も「(全国放送という)思ってもない夢がかなっていくのは大変迷惑。なぜ私達のやっている緩い番組が全国で…」と嘆きモード全開だった。

 戸次も「非常に不本意。われわれは普段東京で俳優として活動している。イメージが大事なのに、これをご覧になっていただくことで、東京では猫をかぶっていることがバレてしまう」と苦笑い。「今回は決定事項なので諦めたけど、録画はしないでほしい。記録には残さないで」と異例のアピールをして、笑いを誘った。

 「ハナタレナックスEX(特別編) チームナックスがゆく 北海道ドライブツアー」は、テレビ朝日系列24局全国ネットで2月7日、午後1時55分~3時20分に放送。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング