エコバックスが窓用ロボット掃除機、従来機種を受け継いだ最速モデル

2016.1.13 14:52配信
WINBOT W930

エコバックスジャパンは1月12日、従来機種のなかでも最速の掃除時間を実現した窓用ロボット掃除機「WINBOT W930」を発売した。直販サイトでの税別価格は5万9800円。

窓の片面に貼り付いて、窓1枚を丸ごと掃除できる窓専用ロボット掃除機。本体を窓に貼り付けて、スタートボタンを押すだけで、簡単に使える。

従来機種「W710」「W730」の基本性能を受け継ぎつつ、清掃を行うモップ部と、窓を移動するための動作部が独立して動作する「スマートドライブシステム」を採用することで清掃時間を大幅に短縮するとともに、モップ面積を「W710」や「W730」の2倍以上に拡大し、水汚れをかき出すワイパーを360°に配置した構造によって、汚れを強力に洗浄する。

鍵や取っ手などの障害物がある窓でも、障害物を認識して避けながらの掃除が可能で、窓枠が付いていない窓や、凹凸があって吸着できない窓など、状況に応じて進路の変更や掃除の中断を行う安全機能も備える。

このほか、複数階からの落下を防止する安全ポッドや安全コードが付属するとともに、停電時や誤ってコンセントを抜いてしまった場合などでも、内蔵バッテリによって15分間窓に貼り付く機能を搭載しているので、急な落下も防げる。

使用可能なガラスの厚さは3mm以上。サイズは幅307×高さ124×奥行き307mmで、重さは2.3kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング