稲森いずみ、古田新太に「最初は怖かった」 「ほのかな恋愛を演じるのが楽しみ」

2016.1.13 16:33配信
初共演となる稲森いずみ(左)と古田新太

 舞台「乱鶯(みだれうぐいす)」の制作発表記者会見が13日、東京都内で行われ、出演者の古田新太、稲森いずみ、大東駿介、清水くるみ、橋本じゅん、高田聖子ほかが登壇した。

 本作は、2000年の「阿修羅城の瞳」に始まった新橋演舞場での“いのうえ歌舞伎”公演第6作。江戸時代を生きる市井の人々の姿を、生活感たっぷりに、深い人間ドラマとして描く。

 元盗賊の頭、鶯の十三郎を演じる古田は、いきなり「(脚本の)倉持(裕)くんがばかなせいでせりふが多い」と不満を爆発させた。

 「言っておきますが、私はせりふ覚えがすごく悪い。また立ち回りもほとんど無いと言っていたのに、オープニングから大立ち回りで…」とボヤいて笑わせつつ、「今回は“旬が過ぎた人間”という非常にありがたい役。そのへんは大丈夫。あとは下ネタも入れていきたい」と意気込みを語った。

 また、7年ぶりに劇団☆新感線の舞台に挑む稲森は「お話を頂いた時は一瞬で新人のような気持ちに戻りました」とコメント。初顔合わせとなる古田の印象については「最初は正直ちょっと怖いのかな…と思ったけど、本当に温かくてすてきな方でした」と語り、劇中で描かれる2人の“ほのかな恋愛”についても「楽しみです」と期待を寄せた。

 一方、本作で“初のちょんまげ姿”に挑戦する大東は「身が引き締まる思い」と喜びつつ、「先ほど、ラフな格好のお二人(古田と橋本)に『その格好、イキってんのか?』『おまえその髪形何や。風も吹いてないので何でなびいてんねん』と言われ…。まずはそこから勉強させていただきたいと思った次第」と早くも“洗礼”を受けたことを明かして、笑いを誘った。

 舞台は3月5日~4月11日、都内の新橋演舞場を皮切りに、大阪、北九州でも上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング