長瀬智也、主演作をアピール「地獄の概念をロックする」

2016.1.13 20:27配信
神木隆之介

TOKIOの長瀬智也が1月13日に、都内で行われた主演作『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の完成披露試写会に出席。7年ぶりの映画出演で、地獄でロックバンドを率いる“赤鬼”を演じ、「地獄の概念をロック、つまり壊す作品。見ていて気持ちがいい青春映画に仕上がり、僕自身すごく大好き」と熱っぽくアピールしていた。

その他の写真

完成披露試写会には長瀬をはじめ、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、宮藤官九郎監督が出席。不慮の事故で地獄に落ちた平凡な高校生(神木)が、 地獄農業高校の軽音楽部顧問でロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いるキラーK(長瀬)と出会い、ロックバンドを結成。現世へのよみがえりにチャンスをかける。

神木は「本当に何も考えず楽しめる作品。ハチャメチャだけど、どこか心が暖かくなる。自分が出演していることも忘れて、見ている間も笑いが絶えなかった」と自信のコメント。「くだらないことしかしていない」(尾野)、「見たら、地獄に落ちたいと思っちゃうかも」(森川)、「そこそこの悩みだったら、この映画が吹き飛ばしてくれる。音がでかいから、ポップコーンも(食べる音を)気にせず食べられる」(桐谷)、「くだらないことを全力でやった映画」(清野)とキャスト陣は、独特なクドカンワールドを振り返った。

脚本も手掛けた宮藤監督は、「来世の本を読んでも、地獄については事細かく書いてあるのに、極楽のことは2ページくらい(笑)。きっとみんな地獄について考えるのが好きなんじゃないかなと。自分では奇をてらったわけじゃない」と地獄を舞台に選んだ理由を説明。「こんな地獄なら落ちてもいいかなと思えて、死ぬのも怖くなくなる映画」とアピールした。

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
2月6日(土)全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング