赤鬼役の長瀬智也「最高の作品ができた」 神木隆之介「宮藤監督が鬼でした」

2016.1.14 0:12配信
(左から)神木隆之介、森川葵、清野菜名

 映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」のファングリーティング&完成披露試写会が13日、東京都内で行われ、出演者の長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、宮藤官九郎監督が出席した。

 本作の主人公は、地獄の鬼と地獄に落ちた高校生。修学旅行中に不慮の事故に遭った高校生の大助(神木)が地獄で出会ったのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問でロックバンド「地獄図(ヘルズ)」を率いる赤鬼のキラーK(長瀬)。キラーKの鬼特訓のもと、大助は現世への転生を目指して奮闘する。

 長瀬は「最高の作品ができたと思っています。こんな作品見たことありません。これから先も見ることはないでしょう。僕はすごく大好きです。胸を張って言います」と自信たっぷりにあいさつし「何も考えずに最初から最後まで楽しんで」と豪快に呼び掛けた。

 また、15、6年前から宮藤監督と親交があるという長瀬は「(随分前に)音楽やロックを取り入れた作品をやってみたいと話をしたことがあった」と明かし、「地獄の鬼役と聞いた時は、ぜひやらせていただきたいと思ったし、決まった後にも、監督に『これをもし僕以外の人がやっていたら、焼きもちを焼いてました』と言えちゃうぐらい愛せたキャラクターだった」と役への熱い思いを吐露した。

 会場では、キャストそれぞれが撮影中の“地獄エピソード”も披露した。長瀬は「バンドのライブシーンを撮っている時にギターソロのシーンがあったんだけど、僕がテンション上って踊り始めちゃったんです」と笑いながら回想。

 続けて「宮藤さんとは15、6年やっているので、(監督も)好きなんじゃないかなと思ったんですけど、あっさりカットされちゃいました」とガッカリした様子を見せると、宮藤監督は「これはさすがに、ふざけているなと思った。それも長瀬くんは2回もやった。『踊ったバージョンは撮れたので、次は弾いて下さい』と言ったのに、次は踊りながら歩き出して…今日は駄目だなと思った。俺の“地獄”だった」と嘆いて、笑いを誘った。

 一方、神木が「この映画の中で、唯一、拷問を受けているのは僕だけなんです。凍ったり、燃やされたり、剣山に落ちたり、ふっ飛ばされたり…。それを『へへへへへ。大丈夫ですか? 寒くないですか』とか言いながら監督が見ていました。あれは鬼でしたね」と語ると、宮藤監督は「神木くん、元気だったから」と釈明していた。

 映画は2月6日から公開。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング