ソニーが「ハンディカム」新機種、4Kモデル2機種とHDモデル3機種

2016.1.14 16:40配信
FDR-AX55

ソニーは、デジタルビデオカメラ「ハンディカム」の新機種として、4Kモデルの「FDR-AX55」「FDR-AX40」の2機種を2月19日に、HDモデルの「HDR-PJ675」「HDR-CX675」「HDR-CX485」の3機種を1月22日に発売する。価格はいずれもオープン。

「FDR-AX55」と「FDR-AX40」は、最大広角26.8mmの「ZEISSバリオ・ゾナーT* レンズ」を搭載し、独自開発のAA(高度非球面)レンズとED(特殊低分散)レンズの採用によって、光学20倍ズームや全画素超解像30倍(4K時)/40倍(HD時)ズームでの高画質・高精細映像を実現した。

4K動画撮影に対応するほか、16:9の動画撮影専用に開発した「Exmor R」CMOSイメージセンサが従来機種「FDR-AXP35」「FDR-AX30」と比較して約1.6倍の有効画素面積を実現するとともに、センサ感度を向上することで暗所でのより高画質な撮影を可能にする。さらに、XAVC S形式での4K 100MbpsやHD 50Mbpsでのハイビットレート撮影にも対応した。

手ブレ補正には、ワイドからズームまでの手ブレを従来機種と比較して約13倍補正する空間光学手ブレ補正機能を備えており、AFアルゴリズムにはデジタル一眼カメラ「α7S II」などでも使われる「ファストインテリジェントAF」や、5方向からの集音に対応し従来機種との比較で約40%のノイズ低減を実現したマイクを採用する。

このほか、フルHD 120fpsでのハイフレームレート記録に対応し、PC用の写真・動画管理・編集ソフト「PlayMemories Home」で編集すれば、なめらかで高画質なスローモーション映像が作れる。また、4KコンテンツをフルHDテレビでも高画質で楽しめるようにする「4KサンプリングフルHD再生」や、4K映像をフルHD画質でクローズアップ再生する「トリミング再生」など、多彩な機能を搭載した。

「FDR-AX55」は税別の実勢価格が14万円前後の見込み。「FDR-AX40」は、カラーがブラック、ブロンズブラウンの2色で、税別の実勢価格は12万円前後の見込み。

「HDR-PJ675」「HDR-CX675」「HDR-CX485」は、最大26.8mmの広角レンズを搭載し、室内など狭い場所での撮影や、建築物・風景などの撮影に対応する。また、AFアルゴリズムには、「FDR-AX55」や「FDR-AX40」と同様に「ファストインテリジェントAF」を採用した。

本体には5.1chマイクを備えており、臨場感のある音声記録が可能で、被写体の声や周辺の音はそのままに撮影者の声を抑えて録音する「マイボイスキャンセリング」機能を搭載する。

手ブレ補正は、「HDR-PJ675」と「HDR-CX675」が空間光学手ブレ補正機能、「HDR-CX485」が光学式手ブレ補正(インテリジェントアクティブモード)機能を採用した。

「HDR-PJ675」は、最大25ルーメンで外部入力にも対応したプロジェクターを備えており、撮影した映像やHDMIで接続した機器の映像、スマートフォンやタブレット端末の画面などを大画面で投影できる。カラーは、ボルドーブラウン、ホワイトの2色で、税別の実勢価格は8万円前後の見込み。

「HDR-CX675」は、カラーがブラック、ボルドーブラウン、ピンク、ホワイトの4色で、税別の実勢価格は7万円前後の見込み。「HDR-CX485」は、カラーがブラック、ホワイトの2色で、税別の実勢価格は6万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング