公開中の映画『ブリッジ・オブ・スパイ』の魅力

2016.1.15 16:39配信
『ブリッジ・オブ・スパイ』(C)2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO. LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.

トム・ハンクスとスティーヴン・スピルバーグ監督がタッグを組んだ映画『ブリッジ・オブ・スパイ』が公開されている。本作は本年度アカデミー賞で作品賞をはじめ、脚本賞など6部門の候補になっており、助演男優賞候補になったマーク・ライランスの演技に高い評価が集まっている。

その他の画像

映画は、普通の弁護士ジェームズ・B・ドノヴァン(ハンクス)が、アメリカで逮捕されたソビエトのスパイと、ソ連領空で撃墜され逮捕されたアメリカのパイロットを秘密裏に“交換”するという誰も成し遂げた事が無いミッションに挑む姿を、実話を題材に描いた作品だ。

本作でライランスが演じるのは、FBIに逮捕されたソビエト連邦のスパイ、ルドルフ・アベル。彼はFBIの厳しい尋問を受けるが、どんな時にも正義を貫こうとするドノヴァンが弁護人に選ばれたことで、彼との間の友情を築いていく。映画は実話を題材にしながら、心に響く人間ドラマと、スリリングな展開が待ち受けており、公開前に実施されたモニター試写会でも「トム・ハンクスとマーク・ライランスのやりとりが心に響いた」「単なる敵ではなく、それぞれのキャラクターのドラマが描かれていて見ごたえがあった」「盛り上げるべきを盛り上げつつ、しっかりストーリーを語る。さすがスピルバーグという感じ」「真面目な話かと思ったけど、ハラハラする場面が多くて最後までまったく飽きなかった」「取調べや交渉を通じて、キャラクターが心を通わせたり、駆け引きをしていく場面がよかった」などの感想が寄せられたという。

本年度のアカデミー作品賞候補の多くはまだ日本では公開されておらず、ブルーレイ&DVDで観賞できる『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を除けば、いま映画館で楽しめるのは本作だけだ。

『ブリッジ・オブ・スパイ』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング