1年ぶり「ドクターX」が初のSPドラマ ドクター米倉涼子復活も「私、失敗したので」

2016.1.15 17:46配信
“失敗しないスーパー外科医”大門未知子を演じる米倉涼子

 米倉涼子が主演を務め人気を博したテレビ朝日の人気ドラマシリーズ「ドクターX」が1年ぶりに初のスペシャルドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル」として放送される。

 スペシャルドラマでは、北陸新幹線が開通して話題の金沢を舞台に、日本医療界のトップの座をめぐる“外科VS内科”の争いに巻き込まれた“失敗しないスーパー外科医”大門未知子(米倉)が、最大の武器を奪われる危機に直面する。

 「私、失敗しないので」という名せりふで“異色・孤高・反骨の天才フリーランス外科医”として突き進んできた未知子。今回は、先進的創薬などの研究開発を進める官民一体の複合体「最新医療特区」に認定された日本初となる創薬の拠点、石川県金沢市の「クロス医療センター」に派遣される。

 前回のシリーズでは米倉自身「本当にこれで終わり」という意気込みで撮影に臨んでいたという。それでも台本を読んだ際に「なるほど、未知子に終わりはないんだな」と実感したようで、「とにかく今回の物語も、演者である私が感謝してもし切れないほど、すごく面白い。見どころは“路チュー”。楽しみにしていてください」と笑わせた。

 劇中では未知子の口から「私、失敗したので」というまさかの発言が飛び出すが、米倉は「それも未知子らしい。すべてを受け止めながらも真実に体当たりで突き進んでいく姿に触れ、『やっぱりカッコいい人だな』と思いました」と納得のせりふだったと明かした。

 また、未知子が所属する「神原名医紹介所」の仲間を演じる内田有紀、岸部一徳をはじめ、「国立高度医療センター」の面々を演じた遠藤憲一、勝村政信、鈴木浩介、西田敏行といったおなじみのキャストも登場する、米倉は「いつも私を支えてくださる“大切な仲間”とまたご一緒できるのがすごく楽しみです」と再会を喜んだ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング