【真田丸 インタビュー】草刈正雄(真田昌幸) 「僕ら役者は三谷さんに愛されているという感じがします」

2016.1.17 0:00配信
真田昌幸を演じる草刈正雄

 NHKの大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田信繁(堺雅人)の父、真田昌幸を演じている草刈正雄。信州の小国の主ながら権謀術数の限りを尽くし、戦国の世を生き残るさまを信繁らに見せつける。NHKドラマ「真田太平記」で信繁を演じた30年後にその父を演じる不思議な縁と、希代の智将について草刈が語る。

 

-オファーを受けた時にどう思いましたか。

 因縁めいたものを感じました。「真田太平記」で丹波哲郎さんが演じられた昌幸は豪快で明るくて、すごい存在感でした。ですからそれがなかなか頭から離れなくて。今回の「真田丸」でも、策を考える時にクルミを使ったり、作戦を考える時に家臣と囲碁をしたりする、丹波さんが演じられた際に用いた方法が取り入れられています。

-三谷幸喜さんの脚本に描かれた昌幸をどう感じましたか。

 豪快でありながら、おちゃめで教育熱心で、したたかさもある。子どもに泣きつくようなところもありますが、それがまた人間味があっていい。周りの武将は昌幸のことを「食えぬやつ」と言っているんです。食えぬやつとは何かと考えました。そういうせりふの中に役のヒントがあります。田舎のがらっぱちおじさんというか、洗練されていない感じに自然になっていきました。こういう役は今まであまり演じたことがないので、僕にとってはすごく新鮮。魅力的な役をできるのは役者冥利(みょうり)に尽きますね。長い役者人生の中で3本の指に入るような作品になりそうです。

-真田家の家族の描写が注目点ですね。

 真田家は代々の教育がよくなされていると思います。家族の人間的なシーンがたくさんあって、ある種のホームドラマです。普通、戦国時代の男親はあまり子育てに関知しないのですが、真田家ではみんなが密になってやっている。そこが面白いです。そんな中で、お父さんの生き方を息子たちがどう感じるかということでしょう。

-次男、信繁役の堺さん、長男、信幸役の大泉洋さんとのチームワークが大切になってきますね。

 いきなり最初から難しいシーンを撮影したのですが、奇跡的にうまくいきました。それでこの家族はうまくいくと安心しました。シーンについて話し合うことはありませんでしたが、(撮影直後に)モニターを3人で見ていた時に爆笑や「わーっ」という手応えの声が上がりました。きっと2人も感じてくれていたんじゃないでしょうか。

-昌幸と各武将が絡むお芝居で心掛けていることはありますか。

 相手方のお芝居によって、引いたり、強くいったりと出方を変えて、芝居の中で駆け引きをしています。「徳川には気を許せないぞ」という芝居をやっていると思いますし、「北条には下手に出ないといけない」とか、「上杉は一本気だから情に訴えて」とか、相手によっていろいろ変えています。

-三谷さんの役者に対する視線はどんなふうに感じますか。

 大泉洋さんのかつて見たことがないぐらいのくそ真面目さとか、堺さんのとぼけた感じとか、役者のいろんな可能性を引き出してくれます。役者が生き生きできるように脚本ができているんですよ。僕ら役者は三谷さんに愛されているという感じがします。

-長丁場ですが、気を付けていることはありますか。

 風邪を引かないようにして、体力をつける。せりふのこともあって夜はなかなか眠れないんですけど、とにもかくにもよく眠るように、そしてよく食べるように心掛けています。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング