デルが世界初の4K対応12インチタブレット、着脱式の薄型キーボードが付属

2016.1.20 17:53配信
New XPS 12 2-in-1

デルは1月19日、コンシューマ向けプレミアムブランド「XPSシリーズ」の新製品として、4K対応の12インチWindowsタブレット端末「New XPS 12 2-in-1」を発売した。直販オンラインストア、東京・秋葉原と大阪・日本橋の直販ストア、全国のビックカメラおよびヨドバシカメラ主要店のデル直販ブースで販売する。税別価格は15万9980円。

世界初のタッチパネル対応4K液晶ディスプレイと、「XPSシリーズ」では初めての着脱式薄型キーボードを採用した。付属のキーボードは薄型・軽量で持ち運びやすく、確かなキータッチを実現した。また、ワコムの技術を採用した別売の新型スタイラスペンと組み合わせれば、より直感的に使用できる。

CPUにインテルm5-6Y54を採用し、タッチパネル対応12.5インチIPS液晶ディスプレイ(解像度3840×2160)、8GBのメモリ、256GBのSSDを搭載する。インターフェイスはThunderbolt 3 with USB Type-C×2、SDXC/SDHC/SDカードスロットなどを搭載。対応無線通信は、IEEE802.11ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1。OSはWindows 10 64ビット。

サイズは幅291×高さ8×奥行き193mmで、重さは790g。このほか、USB C to USB Type-Aアダプタが付属する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング