イルミネーション輝くディズニースマホ「docomo DM-01H」

2016.1.21 11:55配信
Disney Mobile on docomo DM-01H

NTTドコモは、ディズニーパークをコンセプトにしたシャープ製Androidスマートフォン「ドコモ スマートフォン Disney Mobile on docomo DM-01H」を1月29日に発売する。

キャッスルシルエットとピクシーダストがきらめく背面と、光を放つピクシーダストと隠れミッキーマウスのイルミネーションを備えた底面が、ディズニーパークの世界を演出する。付属のディズニースマホピアスを挿せば、ミッキーマウスたちがパークを楽しむ様子を映し出したサプライズアニメーションが楽しめる。また、「メインストリート」「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「アドベンチャーランド」の4種類のテーマが付属する。

本体には、光学式手ブレ補正やカウントダウン撮影機能に対応したカメラや、本体を握ると画面が点灯する「グリップマジック」機能を搭載し、女性の手に収まるコンパクトサイズで片手でも操作できる。また、IPX5、IP6Xの防水・防じんに対応する。

オリジナルアプリやコンテンツとしては、4種類のテーマ切り替えが可能で、ライブ壁紙、画面オフアニメーション、のぞき見ブロック、端末イルミネーション、サウンドなどすみずみまでディズニーパークの世界を味わえる「ディズニー イルミパークセッティング」、ディズニーパーク各エリアの雰囲気が感じられ、キャラクターたちの特別な瞬間をイメージした4種類のライブ壁紙、マチキャラ、お天気アニメーション、ドコモメールやSMSのきせかえなど、多彩なコンテンツを備える。

このほか、「ディズニーマーケット」に無料登録すれば、デコメやきせかえ、ゲームなど100以上のアプリと、3万以上のコンテンツを無料で楽しめる。

CPUにヘキサコアのMSM8992を採用し、4.7インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1080×1920)、3GBのメモリ、16GBのストレージを搭載する。インターフェイスは、約1310万画素/約500万画素のカメラ、最大200GBのメディアに対応したmicroSDXCカードスロットなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1。OSはAndroid 5.1。

LTE時のバッテリ駆動時間は、連続通話が約1150分、連続待受が約460時間。サイズは幅66.0×高さ126.0×奥行き8.9mmで、重さは約121g。カラーは、Sparkle Pink、Sparkle Blueの2色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング