高畑充希、憧れの“父”西島秀俊に緊張 共演シーンなく「幽霊で出てこないかな…」

2016.1.21 18:33配信
ヒロインを演じる高畑充希

 2016年前期NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(4月4日スタート)のスタジオ取材会が21日、東京都内で行われ、出演者の高畑充希、西島秀俊、木村多江、向井理が出席した。連続テレビ小説94作目となるこのドラマは、生活情報誌『暮しの手帖』の創業者である大橋鎭子さんの人生をモチーフにした作品。小橋家の長女・常子(高畑)が、生前の父・竹蔵(西島)の教えを胸に、父親代わりとして母と2人の妹を守り激動の昭和を駆け抜ける姿を描く。

 ヒロインの高畑は「とにかく楽しくて明るい。子役ちゃんの出番も多くて賑やか。(撮影の合間には)私も含め大人もふざけ合っています」と現場の様子を紹介。また「お芝居もみんなでアイデア出しながらの毎日で、ロケもスタジオもすごく豊かな現場」と充実した環境に感謝し、「これは面白くなるに違いないと思っています。“絶対だ”と思っています。フフフ」と笑いながらも、作品への自信をにじませた。

 一方、クランクインが浜松ロケだったという西島は、三姉妹を演じる子役との共演も多く「初日から子どもたちとすぐ家族になることができ、今では本番よりもカットが掛かってからの方が、(子どもの遊び相手として)エネルギーを使うという、非常に幸せな楽しい現場になっています」と笑顔でコメント。役作りに当たっては「西田(征史)さんの脚本が素晴らしくて、読むと温かくて泣けて…。これを何か自分で足したり引いたりすることなく、そのまんま(演じて)皆さんに見ていただけたら」と話し、「素晴らしい朝ドラになると確信しています」とこちらも自信を見せていた。

 一方、西島と肩を並べた感想を問われた高畑は「実は、とと(西島)といっしょのシーンは一つもないんですよ。幽霊で出てこないかなって…」と寂しそうにコメント。また「現場でずっと『会いたい』と言っていたんですが、いざこの前リハーサルで会えたら、何をしゃべったらいいのか分からなくなっちゃって。正直まだ緊張していて、目を合わせて話そうとするけど、長時間もたない」と明かし、「一緒にお芝居する機会があればよかったなと思いながら(ととの)遺影にいっぱい話しかけてます」と笑いを誘った。

 これを聞いた西島は「正直、僕も幽霊で共演したいと思っている」と関係者にアピール。高畑については「すごく頭の回転が早くて勘の鋭い女優さんだなと。ぜひ共演したいと思っていたので、僕はいつでもスケジュール空けて待っています」とラブコールを送った。

 さらに、きのう20日には主題歌を歌手の宇多田ヒカルが担当することが発表されたばかり。感想を問われた高畑は「恵まれすぎて怖いなと思いました。『びっくりしてアゴが外れそうになった』とツイッターにも書いたのですが、本当にそれぐらい驚きました」と感激したことを明かした。宇多田の歌では「Prisoner Of Love」が好きだと言い、情報解禁前には「どうしても(その事実を)言いたくて、母にだけ言って(2人で)すごい!すごい!と盛り上がりました」と裏話も語った。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング