7月に入り「夏休み」を心待ちにしている子ども達。何しようかな、何して遊ぼうかな、など期待に胸を膨らませていることでしょう。

一方、ママの方はというと、長い夏休みにちょっぴり憂鬱な気持ちを抱えているのでは?
「毎日何をして過ごしたらいいの?」「頻繁に外出する程余裕はない!」など、頭を抱えているママも多いのではないでしょうか。

そこで、今回は夏休みを楽しく乗り切る&お金をかけないための過ごし方として「親子で楽しめるお家遊び」をご紹介します。

ファッションショーごっこ

オシャレ好きなお子さんを持つママは、ぜひ「ファッションショーごっこ」を楽しんでみませんか?

親子それぞれお気に入りの服をきたり、普段着ない服を着たりしてお家でファッションショーをしてみましょう。

ママも何年も着ていない服をきたり、汚すのが不安な高い服を着たりして楽しんでみるのがおすすめ。今後、コーディネートで取り入れるきっかけにもなり、宝の持ち腐れになりません。

また、ファッションショーだけではなく、カメラでお互いに撮影したりしてモデル気分を味わうのもアリ。
オシャレを楽しみつつ、思い出作りにもなりますよ。

武器づくり

活発なお子さんには、「武器づくり」がおすすめです。

段ボールで剣や盾を作ったり、大きなポリ袋を服に見立てて鎧を作ったりなど、武器づくりは男の子の好奇心をくすぐること間違いなし。

鉄やプラスチックなどのような、硬い素材を避けることで、戦いごっこで実際に使っても怪我をする心配がありません。

つくった武器にシールを貼ったり、絵を描いたりして世界で一つの武器を完成させましょう!

手作り迷路

迷路を手作りするのも、夏休みのお家遊びとして魅力的な遊びです。

一口に「迷路」といっても、その種類はさまざま。

例えば、白い紙に迷路を描いて指でなぞるだけといったシンプルな迷路や、硬めの紙を使用した立体的な迷路、もしくは段ボールを使ってお部屋を迷路にしてしまうといったアイディアもあるでしょう。

お子さんの年齢や性格に合わせて、オリジナル迷路を作ってみてはいかがでしょうか。

手作り迷路は、「迷路を作る段階」から時間がかかるので、長い1日の時間つぶしにもなり、一石二鳥です。

手作り楽器

お家遊び&自由工作の題材にもなるのが「手作り楽器」です。

カプセルにビーズや石ころなどを入れてマラカスを作ったり、スーパーで魚を販売する際に使用するトレーに輪ゴムをひっかけてギターにしたりなど、発想次第であらゆる楽器を作ることができます。

ちなみに筆者の家では、クッキーが入っていた缶のフタを2つ組合わせて「シンバル」を作りました。

自分で作ったこともあり、子どもは手作りシンバルをとても大切にしていて、制作から2年経った今もお気に入りのおもちゃの一つです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます