中谷美紀 衝撃の初舞台作品に「心して再び、挑みます」

2016.1.22 15:00配信
中谷美紀、フランソワ・ジラール  撮影:宅間國博 中谷美紀、フランソワ・ジラール  撮影:宅間國博

中谷美紀の初舞台として注目された『猟銃』(2011年初演)が今春、東京・PARCO劇場にて再演される。井上靖の短篇恋愛小説を原作とした舞台は、ある男性の13年にわたる不倫愛を、妻、愛人、愛人の娘の、三人の女性がしたためた手紙によって語り継いでいくものだ。中谷は年齢も外見も違う三役をひとりで担い、見事な変貌を見せて時にしなやかに、時に激しく、彼女たちの心の叫びを伝えていった。確かな存在感を示した圧巻の演技は高い評価を得て、その年の紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。映画監督であり、オペラやシルク・ドゥ・ソレイユの舞台なども手掛ける演出のフランソワ・ジラールも「これまで作ってきたすべての作品の中で、一番美しくパーフェクトな初日の夜でした」と初演での中谷を絶賛する。

舞台『猟銃』チケット情報

「初演では、あの時点でできる最大限のことを、これ以上何も残らない…というくらいに集中して演じました。ニュートラルな気持ちで、三人の女性をみつめる作業をしたと思います。衣装の着替えもすべて舞台上で行って…。再演にあたりもう一度あの作業をやると思うと、とても恐ろしい(笑)。心して臨まなければいけないなと思っています」(中谷)

「映像は一度完成させたらその状態でキープされますが、演劇は戻ることができます。そこが演劇の美しいところですね。もう一度自らに問いかけ、違う角度、違うアイデアから作品を深く突き詰めていくことができる。井上靖さんはこの物語をとてもシンプルな構成で書いています。私はそれに添って派手な効果を施すことなく、テキストにあるエッセンスをお客様へ伝えていくだけです。それは素晴らしいパフォーマーがいて成り立つこと。また美紀さんとこの作品に挑めるのは、本当に喜ばしいことです」(ジラール)

周囲を驚かせた初舞台の後、中谷は群像劇『ロスト・イン・ヨンカーズ』(13年)、二人芝居『メアリー・ステュアート』(15年)と話題作に出演し、舞台ならではの魅力と実力にいっそう磨きをかけていった。

「ほかの俳優さんたちとご一緒させていただいたことで、あらためて『猟銃』を振り返ってみた時に、もっと言葉に厳密に取り組んでもよかったかな…という思いがありました。一つ一つの言葉をより大切に演じたい。言葉に含まれている背景を具体的に自分の中でイメージして、お客様に伝えられたらと思っています」(中谷)

「美紀さんの中で4年間寝ていた三人の女性を起こしてみて、どう反応するかを見ていきたい。気づかぬところで人物たちが育っていて、前回見抜けなかった彼女たちの別の一面に気づけるかもしれません。美紀さんの新しいスキルも楽しみにしていますよ」(ジラール)

男性の役を身体表現のみで演じるカナダ人のフィジカル・アクター、ロドリーグ・プロトーも初演に引き続いて合流。舞台女優・中谷美紀の出発点となった衝撃の舞台、そのさらなる完成形をぜひ見届けたい。

東京公演は4月2日(土)から24日(日)まで。その後各地巡演。東京公演のチケット一般発売は1月23日(土)より。

取材・文 上野紀子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング