【真田丸 インタビュー】黒木華(梅) 「初恋の人の初々しさが出ていればいいな」

2016.1.24 12:00配信
梅を演じる黒木華

 NHKの大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田信繁(堺雅人)に従う真田の郷の地侍、堀田作兵衛(藤本隆宏)の妹で、最初に信繁の子どもを産む梅を演じている黒木華。舞台に映画に引っ張りだこの注目女優が、初めて出演する大河ドラマへの思いを語る。

 

-大河に出演が決まった時の心境は?

 私は歴史が苦手なので誰が誰だか分からなくなってしまうんですが、人と人とのドラマとして三谷幸喜さんが面白く書かれているので、撮影がすごく楽しみになりました。三谷さんは真田家を中心に、ちゃんと町で生きている人を描きたいとおっしゃっています。

-堺さんはいかがですか。

 芝居に対してすごく真摯(しんし)で、深いところまで掘って考える方なので勉強になります。リハーサルでも「こういう陣形でこう動くのは理由がない」とか、かなり突っ込んだことまで演出の方と話し合われています。

-演じる梅にはどんなイメージを抱いていますか。

 監督からは「人によっては嫌みに聞こえることが純粋に言えてしまう人。だけど“おぼこ”ではなくて、ちゃんとした女性」と言われました。賢い人ですが、天然を装っているのか本当に天然なのかが分からない感じです。

-梅は信繁の初恋の人ですね。

 梅ちゃんも(信繁のことが)好きなので、初々しさが出ていれば良いなと思います。だんだんと、きり(長澤まさみ)とのライバル関係のような部分も出てきますが、きりとは幼なじみで、仲良しなんです。きりにはお姫様的なところがありチャーミングさがありますが、梅は地に足を付けて生きている農民なので、身分の違いからくる戸惑いも見てほしいです。

-梅は信繁にアドバイスをすることもありますね。

 弱っている時に優しく迎え入れるというのも根底にありますし、その上で信繁さんのことを思って自分はこう思うというようなアドバイスができるのはすごいと思います。戦国時代の女性は劇的です。女性はあまり歴史に残らない時代ですが、三谷さんはちゃんと書いてくださっているので面白いです。

-きりを演じる長澤さんはずっと共演したかったとか。

 はい、年の近い先輩とご一緒するのって、なかなかなくて。おいしいお店を教えてくれたり、焼き肉に連れて行ってくれたりしています。

-実際に演じてみて、三谷さんらしいと感じた自分のシーンはありますか。

 兄妹のシーンで、兄が「敵をやっつけてくる」って言って出て行こうとするんですけど、敵の名前が違うんです。梅は「違います」って止めますが、兄は「何かよく分からなくなってきたけど、敵だから倒してくる」って行っちゃう(笑)。2人ともあまりにも真面目過ぎて面白いんです。そういうクスッと笑えるところは三谷さんっぽいです。

-大河に出演して、“はな”ではなく、ちゃんと“はる”と呼んでもらえそうですね。

 「人物人名辞典では華で“はる”と読めるんです」というこだわりは持っていますけど(笑)、それよりは、梅ちゃんと呼んでもらえれば。役で覚えてもらうのが私は一番幸せです。その役の中できちんと生きられる女優さんになりたいというのが常々の目標ですので。

-舞台から出発されて、映画、テレビへの出演も増えてきましたが、今後はどういうバランスで活動していこうと考えていますか。

 自分としては舞台はずっとやり続けたいです。でも私が必要とされる役があれば何でもやっていきたいと思います。いろんなことを経験したいです。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング