映画版『信長協奏曲』が満足度ランク首位

2016.1.25 16:53配信
信長協奏曲 (C)石井あゆみ/小学館 (C)2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社

「ぴあ」調査による1月22日、23日のぴあ映画初日満足度ランキングは、小栗旬主演の『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』がトップに輝いた。2位に人気アニメ『PERSONA3 THE MOVIE #4 Winter of Rebirth』、3位にスーパー戦隊シリーズ第39作目『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』が入った。

その他の写真

1位の『信長協奏曲…』は、戦国時代へタイムスリップし、織田信長として生きることになったサブローと、かつて信長だった男・明智光秀との最後の戦いを描いた作品。原作は、石井あゆみの大人気コミックで、2014年に放送されたテレビドラマも人気を得ており、観客の期待も大きかったが、出口調査では「ちゃんと盛り上がってラストも納得」「ドラマから見ていてすごく楽しみにしていた。当時の世界観を上手に表現できていたと思う」など好評。これまでのドラマを観ていなくても楽しめる作品のようで「今と昔は時代は違うけど、友情や絆など、同じ部分もあると感じさせてくれる」「仲間を大切にすることの重要さを学べる」などの声もあがった。

2位の『PERSONA3…』も熱狂的なファンの多い作品だ。人気ゲームから派生した劇場版アニメーションの最終章で、主人公たちと異形の怪物“シャドウ”との戦いがついにクライマックスを迎えるが、シリーズを観続けてきた観客は「前作よりも作画のクオリティがあがっているし、話もよくまとまっている」「原作のゲームに忠実なストーリーで、ラストが丁寧に描かれている」など好評を集めた。

どちらの作品も原作やドラマ、アニメなどのファンが多く、期待値の高い状態での公開になったが、両作品ともファンから高い満足度を叩き出しており、彼らの期待以上の作品になっているようだ。また、両作品とも「原作を知らなかった」という観客の評価も高く、人気シリーズながら、“敷居は低く、完成度は高い”映画になっていることが伺える。

(本ランキングは、1/22(金)、23(土)に公開された新作映画10本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング