スマホとの連携機能を強化した「エクシリム EX-ZR1700」

2016.1.26 17:19配信
スマホとの連携機能を強化した「エクシリム EX-ZR1700」

カシオ計算機は1月26日、デジタルカメラ「エクシリム」の新モデルとして、スマートフォンとの連携機能を強化した「EX-ZR1700」を2月5日に発売する。価格はオープンで、税込みの実勢価格は4万円前後の見込み。

昨年発売したBluetooth SmartとWi-Fiに対応した「EX-ZR1600」をベースにした新モデル。撮影画像をスマートフォンに自動転送できる「エクシリム オートトランスファー」を進化させ、画像のシェアや自動送信がより便利になった。

QRコードで、連絡先の交換なしに気軽に画像をシェアできる「ワンタイムシェア」機能や、自分撮り画像のみの送信モード、お気に入りの画像だけを選ぶ送信モードなどを追加。スマートフォンに送信した画像に位置情報を付加できる機能も加えた。このほか、一日に撮影したデータを独自のアルゴリズムによりダイジェストにまとめる「ハイライトムービー&フォト」を作成できる機能も搭載する。

光学18倍ズームや、180度開くチルト液晶、縦持ち用のフロントシャッターにより、さまざまなアングルで撮影ができる。セルフィーアート機能、セルフィータイマー機能など便利な機能を搭載する。

「EX-ZR1700」をベースに、14言語に対応した訪日ツーリスト向けの日本限定販売モデル「EX-ZR1750」も用意する。カラーは「EX-ZR1700」がゴールド、シルバー、ワインレッドの3色で、「EX-ZR1750」はホワイトのみ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング