千馬MIYABI「ミックスじゅーちゅかき氷」千馬MIYABI「ミックスじゅーちゅかき氷」©KYOTO SIDE

いまや1年中、楽しめるかき氷ですが、やっぱりこの時期に食べたいかき氷。

全国にかき氷専門店はありますが、旅行先として人気の「京都」にも、とっておきのかき氷が食べられるスポットがありますよ。

みなさん、7月25日は「かき氷の日」だとご存知でしたか?

「かき氷の日」は、日本かき氷協会によって制定されたもので、その理由は、1933年7月25日に山形市で日本最高気温の40.8度日本最高気温を記録したこと、また、夏氷とも呼ばれるかき氷の「7(な)2(つ)5(ごおり)」という語呂合わせもその理由となっているのだそうです。

京都のとっておきのかき氷

京都府の地域情報発信サイト「KYOTO SIDE」が、京都に存在する甘味処、和菓子屋、フルーツショップ、カフェなど、各専門のプロが腕によりを掛けて作る個性豊かなかき氷の中から並んででも食べたい、とっておきのかき氷発表しましたので、ご紹介します。

旅籠屋利兵衛「エスプーマ 抹茶かき氷」

旅籠屋利兵衛「エスプーマ 抹茶かき氷」旅籠屋利兵衛「エスプーマ 抹茶かき氷」 ©KYOTO SIDE

宇治抹茶の産地、城陽市ならではの逸品。スペイン語で「泡」という意味の「エスプーマ」は、ムース状の濃厚な抹茶ソースの奥深い味わいが絶品。

ふわふわ氷と一緒に口に入れた瞬間のシュワッと軽やかな口溶けは、新食感を楽しめます。

溶けにくいのも特徴であり、抹茶の蜜やあんこ、白玉、抹茶ゼリーなど様々なトッピングで味に変化を付けて堪能できます。

千馬MIYABI「ミックスじゅーちゅかき氷」

千馬MIYABI「ミックスじゅーちゅかき氷」千馬MIYABI「ミックスじゅーちゅかき氷」©KYOTO SIDE

イチゴ、バナナ、キウイ、パイナップルなどの果肉をミックスジュースにしたシロップは、乙女心くすぐるメルヘンチックなピンク色。

その上に色とりどりのフルーツが盛り付けられ、さらには氷の中にまでフルーツが隠されています。

甘めが好みな方は練乳やアイスクリームをトッピングすると、より濃厚な味わい楽しめるのだとか。