パナソニック、液晶テレビ4K対応ビエラの新モデルDX600シリーズ

2016.1.29 17:52配信
液晶テレビ4K対応ビエラの新モデル

パナソニック(津賀一宏社長)は1月27日、大画面で4K高画質を楽しめるデジタルハイビジョン液晶テレビ“4K対応ビエラ”DX600シリーズ2機種「THー49DX600」(49V型)、「THー40DX600」(40V型)を2月19日に発売すると発表した。

DX600シリーズでは、新たに40V型をラインアップし、より多くのユーザーが家庭で4Kの高画質映像を楽しめるようになった。「4Kファインリマスターエンジン」の高画質機能を搭載し、デジタル放送やブルーレイソフトを4K画質にアップコンバートして鑑賞できる。「ダイナミックサウンドシステム」で高音質も実現している。

また、昨年日本に上陸した「NETFLIX」や4K対応テレビ向けにサービスを開始した「dTV」「YouTube」など、充実してきているネット動画に対応し、さまざまな4Kネットコンテンツを楽しむことができる。さらに、「かんたんホーム」で使いやすさの向上、「外からどこでもスマホで視聴」、「お部屋ジャンプリンク」など便利機能も搭載している。

価格はオープン。月産台数は「THー49DX600」が4500台、「THー40DX600」が5500台を予定している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング