指原莉乃、初監督作はマイケル・ムーア作品で勉強 「監督の給与については早急に相談」

2016.1.29 18:28配信
初監督を務めたHKT48の指原莉乃

 映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』の初日舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、HKT48の指原莉乃監督、上野遥、兒玉遥、坂口理子、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良が出席した。

 本作で初監督を務めた指原は「ずっと家で作業していた映像がこんなに大きなスクリーンになって、自分が何カ月間か製作に励んできた作品をこうやって皆さんに見てもらえるなんて本当に夢のよう」と安どの表情を浮かべ、「大半が嫌な思いしかしていないけど、さっそくツイッターで感想を頂いてやって良かったなと思っています」と笑わせた。

 初の映画製作については「自分の中でしっかり内容を固めた後に秋元(康)さんにプレゼンしに行ったら『全部駄目だ』と言われて、全部一からになって今からでも辞めようと思いました」と振り返った。その際、秋元氏からマイケル・ムーア監督作品を見るようアドバイスを受け、「自分の中でやっと分かった。一回駄目出ししていただいて良かったと思います」と明かした。

 最後に、指原は「映画監督の給与についてはまだ相談できていないので、早急に相談したいと思います」とアピールして笑わせた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング