幼児期の一大イベントといえば『七五三』。

華やかな衣装を着て、にっこり微笑む我が娘の写真を撮りたい!そんな気持ちから『七五三』の写真はいつ撮ればいいの?前撮りってどうしたらいい?と分からないことだらけのママ必見!

『七五三』の現場を数多く担当するヘアメイクアーティストchihoさんが、七五三の前撮りについてのあるあるお悩みに、答えてくれました。

前撮りを撮る、ベストな時期

前撮りは6月~8月に撮らなければと思っている親御さんがいらっしゃいますが、決してそうではありません。

この時期は、各写真館やスタジオがキャンペーンをしていて、安くなったり特典をつけていることが多いのです。

それらを目当てにして、この時期に前撮りをするのは悪くはないですが、思わぬ当日を迎えないためには、もっと他のことを優先して時期を選ぶ必要があります。

思わぬ当日…例えば出来上がりの写真を見てみると、晴着に似合わない真っ黒に焼けた我が子。どれを見ても、写真の出来栄えがイマイチ…ということにならないために、プールの授業や水遊びで日焼けをする前がおすすめです。

7歳の七五三なら、笑顔の写真がまさかの歯抜けということにならないために、前歯が抜ける前がおすすめです。

3歳や5歳の七五三なら、着付けをするときにママがいなくてもひとりで15分~20分ほど、落ち着いて立っていられるかが、前撮りを撮っていいベストな時期かの一つの目安になります。

この年齢の時に撮らなきゃ!お得な時に撮らなきゃ!と焦るより、満年齢になってからのほうが、意外と親子共々ラクで満足な前撮りをすることができますよ。

ちなみに時間帯は、午前中がおすすめです。(chihoさん)

前撮りに必要な仕度時間

前撮りといえば、ある程度じっとしていなければならない状態があることで、親にしてみれば「うちの子はじっとしていられない…」「うちの子はママなしじゃ号泣しちゃう」と心配がつきものですよね。

そこで実際はどのくらいじっとしなければならないのかというと、目安として7歳ならヘアメイクと着付けで45分程度。5歳なら着付けのみで15分程度。3歳ならヘアメイクと着付けで30分程度必要です。

この時間、じっとするのが難しいなあ~と思われる場合は、事前にiPhoneにアンパンマンなど、子どもが好きな動画を入れておいたり、何かしら子どもが集中するものを用意していきましょう。

それを子どもに見せながら支度すると、落ち着いてスムーズに仕度ができること多しです(chihoさん)

前撮りプランの選びかた

前撮りの金額は、写真館、スタジオそれぞれのプラン内容によって異なるため、この金額が目安というのはありません。

それよりも、プラン内容が希望にあっているかをよく見て選んでください。例えば、スタジオによって、衣装や髪飾りがプラン内になっているところもあれば、着物や髪飾りの種類、髪型によって追加料金がかかるところもあります。

また、5歳の場合はヘアセットが含まれていないこともあるからこそ、家庭でする必要があるのかもチェックする必要があります(chihoさん)

「ハピママ*」更新情報が受け取れます