山本彩「国境を越えて見てもらえるのはうれしい」 NMB48ドキュメンタリー映画が「香港国際映画祭」に出品

2016.1.29 18:38配信
サプライズの発表に喜んだ山本彩

 映画『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』の初日舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、NMB48から山本彩、渡辺美優紀、白間美瑠、矢倉楓子、薮下柊、渋谷凪咲、須藤凜々花、太田夢莉、沖田彩華が出席した。

 山本は、約1年前からグループに密着してきたカメラについて「サプライズの発表直後に複雑な心境だったりするメンバーもいて、考えたいなと思う間もなくカメラが入り込んでくる。だからこそ残った映像もあって感謝しています」とあらためて振り返り、渡辺は「メンバーが悩んでいるシーンを見て共感したり、応援したい気持ちとますます頑張っていきたいという気持ちが生まれました」と感想を述べた。

 劇中に家族も出演している矢倉は「弟のかわいさが全国に広まってしまうんだなと思って楽しみです。弟には出ていることもまだ秘密にしています」と明かして笑わせた。舩橋淳監督と作った詩を朗読した須藤は「尺って大事じゃないですか。入って間もないぺーぺーの後輩が尺を奪って恐れ多い。映画のスパイスとして関心の提供をしていければと思います」と恐縮した。

 また、サプライズで「第40回香港国際映画祭」(3月21日~4月4日開催)の「I See it My Way」部門への出品が決定したことが発表された。これまで公開されたAKB48グループのドキュメンタリーシリーズでは初めての映画祭出品となり、山本は「びっくりしました。香港のファンの方は握手会にも足を運んでくださって、勇気も元気ももらっています。国境を越えて見ていただけるのはうれしいです」と喜んだ。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング