舘ひろし&柴田恭兵、『あぶデカ』初日でファンに感謝 「アンコールの声が聞こえたら…」

2016.1.30 18:54配信
タカ役の舘ひろし(左)とユージ役の柴田恭兵

 映画『さらば あぶない刑事』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル、菜々緒、木の実ナナ、ベンガル、伊藤洋三郎、長谷部香苗と村川透監督が出席した。

 上映後の舞台あいさつとあり、劇場後方から登場したキャスト陣は客席内の通路を通って登壇した。最後にタカ役の舘とユージ役の柴田がそろってファンに迎えられると、柴田は「タカとユージは若かったでしょうか?」とファンに問い掛け、軽やかなステップで“ランニングマン”を披露して喝采を浴びた。

 ステージ上で二人を迎えた浅野も「最後に歩いてくる二人を見て、大人になったなと思いました。昔だったら1時間ぐらいファンサービスをしてその場から動かなかったけど、今日は時間通りにちゃんとこちらまで来て。それを見ただけで感無量でした」としみじみ語った。

 仲村は「出世したのにたいして活躍しないという難しいところを魂込めて演じさせていただきました」とあいさつして笑いを誘い、「僕にとっての宝物のような最後の『あぶデカ』の最後の舞台あいさつ。寂しさが押し寄せてきて、皆さんに見ていただいた感動で泣きそうです」とあふれる思いを語った。

 自身にとっての「あぶない刑事」シリーズの存在とは何かとの質問に、舘は「僕の代表作の一つでもありますし、柴田恭兵という俳優との出会いだと思っています」と語り、柴田も「大下勇次は舘さんから生まれた。懐の広い、大きな存在の舘さんと出会えて良かったです。トオルくんもあっちゃんも、みんなと出会えて良かったです」とあらためて喜んだ。

 映画公開に合わせて設立された期間限定ファンクラブのファンから寄せられたメッセージボードが登場すると、舘は「感激します」、柴田も「泣きそうです」と感無量の様子。最後に柴田は「本当に感謝しています。長い間ありがとう。これで最後です。でもアンコールの声が聞こえたら……夢で会いましょう」とファンに呼び掛けた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング