山本彩、自身の“グラビア写真集”超えに意気込み 「脱がなくても数字が出せたら一番いい」

2016.2.2 19:6配信
新作写真集の発売記念イベントを行った山本彩

 NMB48の山本彩の新作写真集『みんなの山本彩』発売記念イベントが2日、東京都内で行われ、イベント前に報道陣が囲み取材を行った。

 本書は、昨年の10月に行われた「3週間限定で、誰でも山本彩を撮影していい」という特殊企画により、さまざまな立場の人から寄せられた大量の写真をはじめ、メンバーやスタッフが撮影した写真などを集め、600点以上のオフショットで制作された。

 山本は「今まで出した写真とは全く違って、素で等身大の私が詰まっています」とアピールし、「すっぴんや変顔など衝撃の写真が多くて、そこが恥ずかしいけど見てほしいところ」とカメラの前でさまざまな変顔を披露した。

 NHKの連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌でAKB48が歌う「365日の紙飛行機」でセンターを務め、ソロでの歌手活動も増えた山本は「将来、自分はこういう方向で行きたいと思う経験をさせてもらって、反響も大きい。出て良かった、やって良かったと思います」と語った。

 グループの総監督を務める高橋みなみからは「もっと自分を大事にした方がいい」とアドバイスを受けたこともあり、「総監督とキャプテンは立場が似ていて、グループのことを考えなくてはいけないけど、自分の時間を作って自分のやりたいことをやった方がいいよと言ってもらって、作曲など自分の時間を作れるようになった」と明かした。

 また、前作の写真集『SY』では「グラビアで頑張って、ありがたいことに発行部数が10万部を突破しました」といい、本書は「ほとんど露出がなく“腹チラ”が唯一の露出でアクセントになっています。脱がなくても数字が出せたら一番いい。これでも10万部を突破できたらと思います」と期待を口にした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング