『アーロと少年』監督、日本文化から強い影響

2016.2.4 16:8配信
『アーロと少年』来日記者会見の模様

ディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』の来日記者会見が2月4日に、都内で行われ、本作で長編デビューを飾ったピーター・ソーン監督、プロデューサーのデニス・リーム氏が出席。「子どもの頃に見た日本のアニメは、今でも強烈な印象だし、大自然へのリスペクトを詩的に描くジブリ作品にも影響を受けている」(ソーン監督)、「究極の美を追い求める日本独自の美意識は、とても刺激的」(リーム氏)と日本文化からの影響に言及し、ソーン監督からは「次回作は寿司を主人公にしたスシ・ムービーがいいね。寿司だから、寿命が短そうだけど」とジョークも飛び出した。

その他の写真

巨大隕石が地球に衝突せずに恐竜が絶滅しなかった世界を舞台に、臆病な恐竜アーロと人間の少年スポットの友情を描く。まるで実写のような大自然の描写が話題を集めており、ソーン監督は「自然がもつ魔法や美しさ、そして怖さをいかに描くかが課題でした。だからこそ、ストーリーはシンプルにしたのです」と語り、「外の世界を知らない恐竜のアーロと、野生育ちで怖いもの知らずの人間の少年という“逆転”の発想が面白いんじゃないかと思った」とユニークな設定の理由を説明した。

今年はピクサー・アニメーション・スタジオ設立30周年にあたり、リーム氏は「実は今日(現地時間2月3日)がまさに、創設記念日なんです。そんな喜ばしい日に、念願だった日本にいられるのが本当にうれしい」とコメント。「ピクサーで働く人々に共通しているのは、映画を愛する心。そして仕事に対して全力で取り組み、最高のものを生み出そうとする姿勢です」と名作を生み出し続ける“秘けつ”を明かした。

会見には日本語版キャストを務める安田成美(アーロの母親役)、松重豊(Tレックス一家の父親ブッチ役)、八嶋智人(Tレックス一家の弟ナッシュ)、片桐はいり(Tレックス一家の姉ラムジー)、石川樹(アーロ役)が出席。バレンタインを前に、作品をモチーフにした特製チョコレートを、ソーン監督とリーム氏にプレゼントした。

『アーロと少年』
3月12日(土)全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング