~長期に渡って商店街を「こども食堂」化し、ひとつの家族のような新しい居場所の実現へ~

「食」を通じた新しいコミュニケーションや価値観を提案するGigi株式会社(本社:福岡、社長:今井了介)は、アプリを通じて人さまにごちそうできるスマホアプリ「ごちめし」の本格ローンチを前に、福岡県の親不孝通り商店会(会長:河田茂樹)とタッグを組み、「ごちめし」アプリとクラウドファンディング活用による商店街全体の「こども食堂」化を目指すプロジェクトを、7月19日(金)より開始いたします。9月末までの期間中に1000食の提供を目標に、こどもたちが気軽に食事ができ、いつでも立ち寄ることのできる場を創出し、商店街全体でこどもたちの成長をサポートするとともに、穏やかで繋がりのある街の実現を目指します。




「ごちめし」とは、北海道帯広の「結(ゆい)」という食堂で考案された、来店客が“多めに”代金を支払う形で寄付することで、たまった分だけその料理を無料で提供する「ゴチメシ」という仕組みがもとになったアプリです。様々な思いやりを手軽に「ごちる」という形に変え、食を通じて気持ちを届けることができます。

10月の本格ローンチに先駆けて、アプリに対する受容度や潜在ニーズの把握、サービス改善点の洗い出しおよび、商店街への集客・経済効果を促進することを目的に、親不孝通り商店会と福岡市内の飲食店30店舗とその利用者にご協力いただき、6月から9月までの約3ヶ月間実証実験を行っています。

実証実験の新たな取り組みとして今回、夏休みの期間に合わせて「親不孝通りこども食堂」プロジェクトを始動する運びとなりました。本プロジェクトでは商店街の「ごちめし」加盟店において、高校生までの児童・学生が各加盟店舗で「ごちめし特製メニュー」をいつでも無料で食べることができます。「こども食堂」化の実現においては、スマホアプリ「ごちめし」を通じた地元の方や出身の方からの“ごち”や、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」からのプロジェクトへの賛同者の協力により、期間中1,000食の提供を目標としております。

親不孝通り商店会や福岡を元気にするだけでなく、“ごちそうさま”や”感謝“の気持ちを伝え、連鎖を促すことを目指します。

■親不孝通り商店会会長 河田 茂樹さん

親不孝通り商店会は親不孝通りの賑わいを取り戻すために地元店舗が集まって最近作った新しい商店会です。

「親不孝通り商店会 こども食堂」は、「ごちめし」の仕組みを使うことで、「商店会全体」で、「いつでも」「誰かの支援によって」お子様に食事を提供できることができ、それによって、親不孝通り商店会が、お子様の健やかな成長を育む場所や、事件・事故に巻き込まれないような駆け込み所になるのでははないかと期待しています。

ちょうど夏休みの期間ですので、観光で福岡に来られた家族とのコミュニケーションとしても、この仕組みを利用いただけると、更に輪が広がるのではと楽しみにしています。

親不孝通りで、多くのご家族、お子様の笑顔が作れたらと思いますので、是非みなさまお気軽に足をお運びください。

■実施場所
福岡親不孝通り商店会店舗

■「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」プロジェクト説明ページ
親不孝通り商店街、こども食堂化計画 ~令和だし、親孝行しようぜ~
https://camp-fire.jp/projects/view/175341

■「ごちめし」について
ごちめしは「アプリを通して・人さまに・お食事をごちそうできる」サービスです。
人から人へ「ありがとう」「がんばっているね」「応援しているよ」などの気持ちを
お食事にのせてお贈りできます。
2019年10月 AppStore 及び Google Play Store にてローンチ予定。

ごちめしサービスサイト
https://www.gochimeshi.com/

■会社概要
会社名:Gigi(ジジ)株式会社
代表取締役:今井了介
本社所在地:福岡県福岡市中央区大名2-6-11
設立:2018年9月13日
事業内容:インターネットサービス事業

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます